2005年4月から投資スタート。 2013年サラリーマンから主夫に転身後、全く勝てなくなる。2014年10月30日、意識改革し、ルール無視は一切しないプロ相場師としての活動を開始。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4777ガーラが大幅下落。
耐え切れずに投げ。

1252.6円売り。

一目均衡表の抵抗帯を明確に下抜け、価格帯別出来高の厚い所も下抜け。
「これはストップ安もあるかも?」
という思いで投げ。
なんと、この銘柄、今日の全市場値下がり率トップになっとるやないですか。
曲がり屋が買ったら翌日これだ。
何千個もある銘柄のうち、1番下がるやつをピンポイントで選ぶこの卓越したセンス。。。

1泊2日の短期間で8.3%の負け。

さて、何が悪かった?
ヒゲの部分で売らされるのが怖くて逆指値を入れてなかったのがダメだったのだろうか?
投げるのが遅いのだろうか?

しかし、あまりに早く見切りをつけ過ぎると、投げた後に上昇して悔しい思いをすることも多い。

一目均衡表の抵抗帯や価格帯別出来高を根拠にエントリーしたのだから、その根拠が崩れた所で投げたのは間違いでは無さそう。
ただ、そういうポイントは同じように考えている人が多いので一気に下げる。
結果、短期間に大幅値幅で、ものすごく効率良く損することが出来てしまう。

それをやり続けてトータルで資産が増えていく取引なのか減っていく取引なのかをよく考えて取り組まないといけない。

今日の負けは・・・どっちだ?
勝てるトレードの中の1部分の必要経費的な負けなのか?負けて当然のアホトレードなのか?

・・・よく分からない。。。

こんな簡単な事にも答えられないようではエントリーしてはいけないと思う。

もう少し考えないとダメだ。

まず、割高過ぎると思って「HYPER売り候補」でリストアップしてある株なのに「買い」で入る時点で間違っていたんだと思う。

やっぱりアホトレードだな・・・。

まずはジムでも行ってムシャクシャした気持ちをリフレッシュしてこよう。

・・・で、ジムにて。
「4777ガーラを投げた代わりに何か買おうかな?」
という意味不明の理由で1銘柄買い。

6143ソディック。
1118円買い。

買った根拠は特に無し。
敢えて言うなら、大型株より小型株が好調そうなのと、大きく下げてきた日足のMACDの形が上向いて来たので、上に行きそうに見えたため。

どうせ色々考えてエントリーしても逆行するので、取り敢えず何でもいいから参加してみてモチベーションを上げていこう作戦。

では、まだ場中だけど、また明日。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nabesaku.blog13.fc2.com/tb.php/2192-a42a9eb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。