2005年4月から投資スタート。 2013年サラリーマンから主夫に転身後、全く勝てなくなる。2014年10月30日、意識改革し、ルール無視は一切しないプロ相場師としての活動を開始。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
騰落レシオ 104.1%
空売り比率 29.4%

ドル円が121円を突破。
強い強い。

5/21(木)

ここへ来て景気が上向いたので景気判断を上方修正するか検討するとか新聞に書いてたが、消費税増税後に落ち込んだ前年4月と比べて「上向いた」って喜ぶのは少し楽観的過ぎやしないだろうか?

そういうわけで、日経平均株価の上昇は少し懐疑的に見ている。

そうは言っても相場は上向き。
円安の後押しも来ている。

流れに逆らわず、傷が浅いうちにロスをカットしておくことが大事だな。
・・・と思いながらも、含み損の売建玉を放置して寝てた。
そして起きたら結構キツイことになってた。
昨日売った直後から大陽線2連発。
どんだけ下手なんすか?

が、引けにかけて少し垂れて終了。

そんな感じでロスカットせずに放置したので、昨日より含み損が増えました。


日経新聞7面。
「中国株の信用取引 膨張」
残高38兆円、1年で5倍。
そして上海総合指数はこの1年で2000から4500へ。
38兆円というと、日本の13倍、米国の0.7倍だそうな。
信用残高が時価総額に占める割合は、
中国 3.5%
米国 2.4%
日本 0.5%

中国で信用取引の制度が始まったのが2010年。
まだ歴史が浅く、無いところから増えただけだから5倍という数値になっただけとも見えるが、それでも米国を超える3.5%というのは少し多い気がする。

話題になっている中国人の爆買いや豪華社員旅行を見てると、バブルだよなぁと思う。
中国発の暴落ってのもあり得る話かなと思う。
一方で株価の低迷期がそれなりに長かったので勢いはまだ続くとも思える。トレンドはそう簡単には変わらないもんです。

ではまた明日。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nabesaku.blog13.fc2.com/tb.php/2179-6e7a3b7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。