2005年4月から投資スタート。 2013年サラリーマンから主夫に転身後、全く勝てなくなる。2014年10月30日、意識改革し、ルール無視は一切しないプロ相場師としての活動を開始。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ペヤングも大変みたいですが、ブラジルの国営石油会社ペトロブラスも結構すごいことになってますね。
贈賄、談合、決算発表延期、監査法人辞任、株価急落、幹部は大量起訴。。。
日本の輸出企業や商社にも大きい影響力を持つ会社ですが、この先どうなるのでしょうか?
見守ってみたい。

さて、日本市場。
選挙明け、週明けの株式市場の方もどうなるか興味深い。

NYダウ300ドル安を受けて、もしギャップダウンで始まるなら、自民党圧勝の影響が効いて、買い戻される流れになると思う。
しかし、NYダウの下落分と自民党圧勝の御祝儀分が相殺して、前日比あまり変わらないところかそれ以上で寄り付くなら、そこからは重力に逆らえず落ちていく展開かと思います。

当たらないので予想なんて無意味でしょうが。

ま、安く寄れば買われて、安く寄らなければ売られるという感じで眺めておきます。


努力もせず何となくギャンブルトレードに参加して、これでもかというくらいボコボコに負け、その後、プロ相場師になろうと決意し、真剣に相場に向き合い始めてから1ヶ月ちょい。
コツコツ取る回数は増えたものの、相変わらずルール無視のドカンを繰り返したので資産はほんの僅かしか増えていません。

明日から脱皮しますと何度も言い続けたが、変われず。

しかし、ようやく脱皮できそうな手応えを感じつつあります。

最近、自己ルールを破った売買をしてしまうと苦痛を感じ、自己ルールを守った売買をすると気持ち良くなるようになってきました。

まあ、自己ルールを破った時は損をして、自己ルールを守った時は利益になってるので、当然と言えば当然なんですけど、これは良い傾向だと思います。
その日、気持ち良く過ごすそうと思えば、自己ルールを守ることになるからです。
気持ち良くなるように動けば収益に繋がるなんて、素晴らしいことです。


苦手な板を見続けて、株価は思った通りに動くものではないことを身銭を削って体験しました。
では、そんなものを相手に収益を上げていくにはどうしたらいいか?

自分の場合、できる限り有利なポイントでエントリーすること。
それが節目。

上昇トレンド銘柄が節目まで押した時に拾い、下降トレンド銘柄が節目まで戻した時に売る。

そして、欲張らずに利食いする。
短時間でそこそこの値幅が取れたなら合格。

場を見るのは、節目まで来ている銘柄があるかをこまめにチェックするためにやるのであって、値動きの激しい銘柄に飛び乗るためにやっているのではない。
節目に来なければ何もしないこと。

来週も頑張ります。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nabesaku.blog13.fc2.com/tb.php/2070-802a2928
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。