2005年4月から投資スタート。 2013年サラリーマンから主夫に転身後、全く勝てなくなる。2014年10月30日、意識改革し、ルール無視は一切しないプロ相場師としての活動を開始。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
消費税増税が先送りなら解散という報道が出ています。

シナリオが崩れたからロスカットするような感じ?

でも、解散総選挙したところで、民主党で日本が良くならないのは前回の政権で実証済だから、結局自民党ってことになるんだろうけど、それならやるだけ時間と労力と税金の無駄遣いに思えます。

もし、消費税を8%から10%に上げるのではなく、8%から5%に下げたらサプライズだろうなぁ。
というか、そんなことをしたら、迷走してると見られて逆効果か?


さて、株。
何が起きても冷静に。

6445蛇の目。
2Q決算が普通だったので、朝は好決算を期待した人の売りで当然のように大きくギャップダウンで始まる。

そうだよね。。。
普通の決算だと売られるというリスクを軽く見過ぎていました。

で、問題はそこから。
寄り付いた後、上に行くのか下に行くのか?
受給関係は、日証金の貸借比率が1.2倍でほぼ拮抗。

投げが一巡したら、売り買い拮抗。
そこからはチャートに従って判断するのが妥当。

まずは日経平均の確認。
11/4(火)に空けた窓を11/7(金)になっても埋めない展開。
全体相場は強いと見るべきなんでしょう。
空売り比率も依然として30%キープ。
騰落レシオもまだ100より下。
NYダウは上値追い。
日銀による直接的な下支え。
取り敢えず株価を上げるのが国策。
しばらくの間は上向きと見るのが自然。
一緒になって踊るしかない。

6445蛇の目のチャートの確認。
日足一目均衡表の抵抗帯が166円位置。
9月後半からの、上向きの三角持ち合いの下限が172円ほど。

上向きの相場の中、高値更新も見えそうな位置で一時的に安くなるなら、チャート的には勇気を持って買いにいくポイントに見える。

172円は割り込んで来そうだが、166円を割らないようなら買い持続でいいと考える。

しかし、値動きを見てると166円を割り込む。。。
エントリー時の損切り予定価格164円にタッチしたので、仕方なく投げ。

いいポイントで買ったと浮かれていたポジションが、結局ロスカット。

171円買い→164円損切り。
前場のド安値。またもやピンポイント。
波乗り下手。
損切りも板を見ながらやると、ピンポイントの安値で叩き売ってしまう。

でも一応、エントリー時の予定通り・・・ではある。

4763C&R社も弱々しい値動き。
期待薄の値動き。
一旦スッキリして、ニュートラルな目線に戻りたいので、ついでに投げ。
766円買い→762円損切り。

ロスカットの嵐。ボコボコに負けた。
ノーポジに。

さて・・・ニュートラルな目線に戻った。
うむ。上向き相場に置いて行かれてはならぬ。
何か買わないと。

見回すと、6143ソディックが節目付近まで上がってきている。節目で待ち伏せにはうってこい。これは空売りチャンス!
先行スパン下の直前、1279円で空売りの指値を入れて、しばらく観察。
しばらくの間、猛烈に強い動きの板を見ていると「今は買うべき相場では?裸で空売りしていいのか・・・?」と不安になってきてしまい、注文取り消し。

その後、6143ソディックは、1286円の高値を付けた後、急速に下げて行きました。
ああ・・・やっぱり。。。アホですね。。。
やはり恐怖に立ち向かえない奴は利益を取ることは出来ないようです。

結局、待ち伏せのつもりが板を見て右往左往しています。
早く板を見て狼狽する弱点を克服しないと。

そして、次に、買うならやはり円安の恩恵を受ける会社と考える。

海外売上比率に注目して買える銘柄を探す。

下値不安の少ない銘柄ということで、目をつけたのが7974任天堂。
海外売上比率は69%。
2Qの営業利益は依然として赤字だが、四季報予想より上ブレして着地。
通期の営業利益の黒字転換が見えてきました。
値動きが地味ですが・・・ここなら勝率は良さそうです。

7974任天堂。
12040円買い。

あと、チャートが上向きの9501東京電力を買い。
しかし、買ってすぐに、「これは待ち伏せではなくルールに反するポジションだ」と気付き、成り行きで投げました。
たまたま1ティックの利益になりましたが、最低の売買でした。

9501東京電力。
441円買い→442円売り。

次に、チャートがとても気になる8515アイフルを買い。

一目均衡表を見ると、月足も週足も抵抗帯の上に顔を出しています。
そして、1時間足もすぐ下に抵抗帯があります。
もし、この1時間足の抵抗帯に押し上げられると、15分足も日足も抵抗帯の上にひょっこり出て来そうな位置。

ここ数日の値動きも、日足の窓を埋めずに、イイ感じに日柄をこなしているように見えます。
金融緩和関連というテーマに乗っていて、もし空売りしたら無限にやられそうな気がするので、買ってみました。

8515アイフル。
477円買い。

しかし含み損です。

今日は、絶好の節目があったにも関わらず、6143ソディックの動きに狼狽したのがダメ過ぎました。

下手すぎてクラクラする。

胃が痛い1日でした。

ふぅ。。。

ここで、また基本に立ち返る。
8割方勝てると思えるポイントで待ち伏せエントリーして6勝4敗の成績を残す。
週に1回5%を取る作業を6勝4敗で10年続けて10年後の成功を掴む。
勝てると思って入っても10回に4回は負けるんだから、損切りは躊躇なく。

現在のポジションは
7974任天堂 12040円買い。円安関連。
8515アイフル 477円買い。金融緩和関連。

円安関連と金融緩和関連。テーマとしては悪くない。

押し目を形成している株なので、飛び乗ったつもりは無いんですが、「何か買わないと」と思って、やや無理矢理買った感があります。
これらが1週間で5%の値動きの取れるポジションかというと・・・どうだろう?
ちょっと夜中に再考してみます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nabesaku.blog13.fc2.com/tb.php/2045-f5f49c89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。