2005年4月から投資スタート。 2013年サラリーマンから主夫に転身後、全く勝てなくなる。2014年10月30日、意識改革し、ルール無視は一切しないプロ相場師としての活動を開始。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なんだかCME日経平均先物が17190円とかになって、ドル円も113円後半まで行って、凄いことになってますなー。

まあ、どう動いてもいいや。
その中で週1回5%取れるチャンスだけを探せれば、何でもいい。

さて、日経平均の確認

日足
出来高を伴って一目均衡表の抵抗帯を上に抜けました。
週足も強い。青天井の位置。

NYダウの確認
こちらも日経平均と同様で青天井。

年末年始は強いアノマリーもある。

空売りで流れに逆らったら死ぬパターン。

追加金融緩和でマネー膨張。
庶民の生活は楽にならないけど、株を持ってる人だけは得する流れ。
そんな中、流れに逆らって株で空売りして損してたら、庶民よりさらに下のドン底組。

だからといって、買いで飛び乗ったら日々の振幅で刈り取られる。
前回の高値更新時に買いで飛び乗ったら、そこが頂点で、下落の流れにキレイに乗って大損しました。
ド下手だから、飛び乗るのはやめる。

じゃあどうすればいい?

上昇トレンドを継続している銘柄でありながら、今回の急騰であまり反応していないものを拾う。
指数が上に突き抜ける中、逆行してトレンドを変えてまで下げていくのは考えにくいので、この方法がリスクが少なそう。

具体的には、マザーズ指数があまり上がってないので、上昇トレンドの新興株や個人に人気の銘柄の押し目を丁寧に拾う。

これでいくのがベストかな。

上昇トレンドでありながら、かつ押し目を形成している銘柄を探そう。

どうしても見つからなければ、次善の策として

②上げ上げの株に空売りを仕掛けたら死ぬので、下落トレンドの株に注目。全体相場の上昇につられて、抵抗帯まで上がっちゃった所を売りで仕掛ける。ただ、今まで下げトレンドかと思っていた不動産も一気に上に跳ねたので、空売りは危険が大きい。短期勝負。もし、抵抗帯を抜けるなら迷わずロスカット。

そして最も大事なのは、何度も書きますが、「ルールを守ること。」
8割方勝てると思えるポイントのみで仕掛けること。それでやっと6勝4敗。そのポイントが来なければ何もしない。
週に1回、5%を取りに行くだけでいい。

自分の場合はですけど、自分の想定ってのは、大体自分に都合のいいように考えてしまう。

サラリーマン時代は、
「この仕事は半日あれば終わりそう。」と思っても、大体倍の1日くらいかかりました。
なので、毎日毎日慢性的に残業でした。
妙なとこだけポジティブシンキング。

相場でも同じ。
「ここなら8割方勝てる!」と思っても実際の勝率は6勝4敗くらい。
五分五分だと思って仕掛けていたら慢性的に負ける。

つまり、8割方勝てる、と感じるポイントで以外では仕掛けてはいけないということになります。

飛びつき買いも、安易な空売りもダメ。
しっかり準備をして、慎重にチャンスを待つこと。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nabesaku.blog13.fc2.com/tb.php/2040-a56a3d2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。