2005年4月から投資スタート。 2013年サラリーマンから主夫に転身後、全く勝てなくなる。2014年10月30日、意識改革し、ルール無視は一切しないプロ相場師としての活動を開始。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日から、職業としてトレードをするプロの相場師として活動を始めたいと思います。

延々と負け続けて、世界で最もトレードに向いていない人間だという事を自覚しました。
そんな世界一の下手クソが、これから10年かけて、トレードで成功を掴む物語が今日から始まります。


さて、仮に待っていた仕掛けポイントがきたとします。「ここで仕掛ければ8割方勝てる」と思って入っても、経験上、結果は6勝4敗というところでしょう。
ただ、これを延々と続けていけば、最終的には勝っていけるわけです。
ただし、負ける金額が勝つ金額を超えてはいけません。6勝4敗を続ける限り、勝つ金額と同じ額だけ負けてもいいんです。つまり、「絶好のエントリーポイント。ここなら勝つに違いないと思って正しく入っても10回やれば4回は負けるんだから、淡々と負けを認めて損切りを実行して良い」ということになります。
そして、絶対にやってはいけないことが、ルールを無視してエントリーすることです。
ルールを無視してエントリーすると、冷静でいられなくなるので100%負けます。
10回に1回でもそういう事をすると、他の9回を真面目にやっても5勝5敗で手数料負けとなります。「たったの1回で」です。
10回に2回のペースでやろうもんなら、4勝6敗で完全に負け組です。
これまでの自分は2回に1回くらいギャンブルトレードをしていたと思います。
そうすると、1勝9敗になります。
理論的に負けるのは当たり前です。

2年間も負け続けたのはこういうことですね。
ギャンブル依存症の単なるアホです。

8割方勝てると感じるポイントのみ、待ち伏せする形で仕掛ける。
勝つ金額以上にならないよう、淡々と損切りを実行する。

これで、正しく10回やれば2回分が利益になります。
仮に、週に1回のトレードペースで、2ヶ月間で10回トレードして、資金の5%の利益を取れたとすると、1ヶ月に5%ずつ資金が増えます。すると、複利の効果で資金は1年で1.8倍。10年で349倍となります。
これを10年間休まずに続ければ成功者です。

絶対にルール無視はしてはいけない。たった1回魔がさすのもダメです。

さて、これを実行するにはどうすればいいか?

自己規律です。

チャンスをジッと待ちながら、週に1回のトレードペースにしようとすると、毎日相場をチェックしてチャンスが無いか調査する必要があります。サボったりスマホでゲームしてる場合ではありません。

まず、自分の場合、ダラけた性格と生活習慣を見直すところから始める必要があります。

まず、部屋が汚すぎです。
整理整頓が、デキる男の基本。
日々、掃除をします。

そして、マーケットが始まる前にジョギング。
これで全身に血を廻らせ、ベストな身体のコンディションとやる気を装填します。

シャワーを浴びてリフレッシュ。

次に、焦らずチャンス待ちです。
待ちながら、家族のため、自分への投資のため、チャンスがないか調査するために時間を使います。

今日は、ネットでパソコン、ディスプレイ、マルチディスプレイ用ケーブルの3点を購入しました。
多分、連休中に届くと思います。

次は、相場に使うノートを買いに行こうと思います。

なんとなくやるからルールを無視して入って負けることになる。

今後はプロとして、職業としてやるので、エントリー位置、利確位置、損切り位置を決めて、ノートに書いてから仕掛けたいと思います。
待ち伏せなので空振りが多くなるでしょうが、それは仕方ない。

ではまた。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nabesaku.blog13.fc2.com/tb.php/2035-9bce683a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。