2005年4月から投資スタート。 2013年サラリーマンから主夫に転身後、全く勝てなくなる。2014年10月30日、意識改革し、ルール無視は一切しないプロ相場師としての活動を開始。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
NYダウは115ドル下げ。
NASDAQはもっと下げてます。

夜間の日経平均先物は15230円。
シカゴ日経平均先物は15065円。

金曜日の日経平均の終値15300円に比べると、シカゴ日経平均先物は随分下に行きました。

シカゴ日経平均先物はこれで日足の一目均衡表で抵抗帯を下に抜けました。

祝日、月曜日のNYダウ次第ではありますが、ひとまず順調な下げ方。

空売りした6143ソディックの確認。
6143ソディックは3Dプリンターというテーマがあって、技術的にも独自色の強い優良企業のようです。しかもPBRも1倍ちょいの割安銘柄です。
こういうテーマを持った割安銘柄は、銘柄に惚れ込みやすいので、下げた時に損切りが遅れがち。
個人投資家の参加が多いので特にその傾向が強くなります。
「PBRも低いし、持っていればいつか評価されて上がるはず」
と思い込んでしまう。
悪いことに、信用取引を使ってナンピン買いまでしてしまう人も出てくる。
それでも株価は構わず下げる。
トレンドには逆らえない。
一見割安なので、下げても下げても信用の取組は改善しない。
そうして、ナンピン信用組が耐え切れずに投げる阿鼻叫喚のセリクラが生まれることになります。
買えば有利なポイントなのにレバレッジを効かせているために強制的に投げ売るしか無くなります。
今、そういう日が少しずつ近付いていると思います。
値動きと出来高を見るとその日が来たかどうかは分かります。

セリクラが派手であればあるほど、セリクラ後の反発力も強くなります。
これはかなり難しいですが、もし往復で取れたらかなりの利益になります。
出来高と値動きを見極める。
ドテン買いはたった1日でも早く動いてしまうと損をします。
なんだこりゃー?っていう下げ方と出来高を待つ必要があります。

今回はもう買いはしないと決めたので往復で取るのは無理そうです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nabesaku.blog13.fc2.com/tb.php/2013-9e666051
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。