2005年4月から投資スタート。 2013年サラリーマンから主夫に転身後、全く勝てなくなる。2014年10月30日、意識改革し、ルール無視は一切しないプロ相場師としての活動を開始。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
う。。。ヤバイ。
夜間で円安株高。

利確ポイントだと認識しつつアイフルの空売りを握りしめてしまった。

「日経平均が上げてもアイフルは上げなかったから空売り持続でもいいだろう」と自分に言い訳して利確しなかったわけだが・・・心の弱さが出たんだな。。。

日経平均が爆上げしてもアイフルだけは反応しないなんていう嬉しい展開は無いだろうし。
もしそういう展開なら、「テクニカルサインに従ったのが功を奏した」という成功体験を積むことができるんだけど、そうはいかないだろうなぁ。。。

振り返ってみると「今は動くべき」と思って動けなかった時は大抵取りこぼしている。
どうやらこの壁を破ることができたら1段レベルアップできそう。
自分のポジションによって物を考える気持ちがまだ残っているからいざという時に動けないのかも。ニュートラルな目線で機械的にやらないと。

兎に角、このぐらいのことで挫けないで勝てる体質に変えていこう。

NYダウは上昇トレンドの中の健全な押し目だったと見るのが自然なのでここからは買いと見るのが普通。

ただし、NYダウは来週から再び下落という可能性も少しはあります。根拠は以下の5点。
①17040ドル辺りは出来高の多い価格帯。
②5分足なので短期過ぎて信頼性は低いが、MACDのダイバージェンスが見られる。
③1時間足の一目均衡表で、すぐ上に抵抗帯がある。
④金曜日は雇用統計に後押しされて一時的に戻しただけかもしれない。
⑤季節のアノマリー。

日経平均も強そうです。
日経平均先物の1時間足の一目均衡表で三役好転。買いサイン。
日足、週足も健全な調整の範囲内。
空売り比率が過去最高の36.4%。

素直に上の可能性が高いけど、もしかしたら火曜日以降に下も少しあり得るという感じ。

プロならどうするか?
月曜日はギャップアップで寄るだろうから、寄ってからさらに上に行くようならカット。下に落ちてくるなら持続でしょうか?
少し様子を見て、日経平均の1時間足の一目均衡表が明確に三役好転したら投げましょうかね。
そして、また後手後手だけど、買いでエントリーか。

あと、気になるのが、コモディティ。
景気に敏感と言われているプラチナ先物の価格が9月末にかなりのスピードで下げています。
コモディティは完全に素人なので良く分からないですが、もしこれが景気を先取りした動きだとすると、株価も下を向く可能性ありか?

土日で買える株を探しておかないと。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nabesaku.blog13.fc2.com/tb.php/2002-96e9d3fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。