2005年4月から投資スタート。 2013年サラリーマンから主夫に転身後、全く勝てなくなる。2014年10月30日、意識改革し、ルール無視は一切しないプロ相場師としての活動を開始。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日から空売り空売り言ってますが、大きな不安要素があります。

それはNYダウ。

テクニカルではもうイケイケドンドンです。
あちらは景気の回復も順調のようで。

NYダウに引っ張られるなら、日経平均もまだ上値がありそうです。

日経平均は16000円を超えてくると勢い付く可能性があります。

と書いてる間に、大幅円安の後押しがあってアッサリ日経平均16000円乗せ。

さて空売りした3003ヒューリックはというと、こちらも上昇して含み損。
やはり仕掛けが遅いので苦しい展開です。
1時間足の一目均衡表を確認してみると、ギャップアップで始まって、安定の下落トレンドではなくなりました。
ただし、今の所は基準線にギリギリ上値を抑えられている格好。
基準線は過去26時間の最高値と最安値の中間値なので、ここを上回るかどうかで買い勢力が強いのか売り勢力が強いのかが分かります。

明日以降も日経平均の上昇の後押しがあれば、アッサリ上に行くかも?

その日経平均は安定の上昇トレンド。
ここから上に行くなら加速しそうな位置。

イブニングでも上値追い中。

ちょっと売り方には分が悪いですね。

さて、一目均衡表とは?続き。
転換線、基準線、先行スパン2は全てある期間の高値と安値を半値にした線です。
つまり、その期間における買い勢力と売り勢力の均衡する点を示しています。
このため、株価がそこを抜けたら抜けた方向へトレンドが発生しやすくなります。
転換線が短期の均衡点、基準線が中期の均衡点、先行スパン2が長期の均衡点です。
分かりやすいですね。

ではまた明日。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nabesaku.blog13.fc2.com/tb.php/1986-84b8ced9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。