2005年4月から投資スタート。 2013年サラリーマンから主夫に転身後、全く勝てなくなる。2014年10月30日、意識改革し、ルール無視は一切しないプロ相場師としての活動を開始。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、日銀がマイナス金利で短期国債を買ったと報じられていたように、金融緩和、インフレ促進の姿勢。

今日も順当に円安・株高が進行。

日経平均はバブルというよりは恐る恐る上がっている感じで16000円までやってきました。

個人的には茹でガエル状態・・・。

上がり方が緩慢なので、天井感や過熱感が無い。

この雰囲気だと何かネガティブサプライズでも起きないと下がらないと思いますが、それも期待薄。

かなり追いつめられてきました。

しかし、この辺りの価格帯は天井と思っているので、この水準を上に突き抜けるまでは損切りを我慢。

あとは、景気に敏感な新日鉄住金や大平洋金属などの金属セクター、住友不動産や三菱地所などの不動産セクターが、やや鈍い動きなのに注目。

この辺りの株が日経平均に先駆けてさらに下げるようなら、日経平均もここが天井の可能性が大と思う。

逆に日経平均について行ってスルスルと上がるなら、素直に負けを認めるべきでしょうね。

ただ、負けを認めても、買い方に転換するのは難しい。
もし買い方転換した場合は、今まで天井と思ってた水準で買う事になるわけだから、少し下に振れただけで不安になって投げてしまうというチグハグなトレードになりがち。

なので、今の売りポジションを損切りした場合はデイトレーダーに転換予定。
そして、その日に陽線を引くか陰線を引くかを予想してそれに賭けてデイと割り切ってエントリーする短期売買に徹することにする。

もしくは、上げ相場でも下がってる株を見つけて売り叩くか、のどちらか。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nabesaku.blog13.fc2.com/tb.php/1979-6f8a4f78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。