2005年4月から投資スタート。 2013年サラリーマンから主夫に転身後、全く勝てなくなる。2014年10月30日、意識改革し、ルール無視は一切しないプロ相場師としての活動を開始。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
民主党が弱いものを助ける政策で人気だけど…、「強きを挫き、弱きを助ける」ような傷の舐めあい政策をやってたら、日本の国力はどんどん落ちていくしかないと思うけどね。

派遣労働を極端に規制して、企業のグローバルな競争力をさらに下げてどうするつもりか?

「弱くても国に助けてもらえる」なんて意識に、国民みんながなっちゃったらどうするつもりか?

市場原理主義がそんなに悪いかね?

例は極端だけど、世界的に急成長しているドバイは、かなり低い賃金による労働力に支えられてるからこそ。

中国が急成長しているのは、みんなが向上心を持っているからこそ。

これらの真逆の内需主導型の政策なんて鎖国じみた事をやってたら、日本の衰退は加速していくのは必然。

さらには学力テストもやらないとか?
教育水準までさらに下げたら絶望的。

鎖国ではなくて、逆に諸外国から金を引っ張ってこれる強い人材を伸ばさないといけない。
そうするには弱いものを助けるより、強いものをさらに強くしないといけないのでは?
そうすることで、日本全体が豊かになれば、弱者は相対的には弱いままかもしれないが、絶対的な生活水準は上がるはず。

しかし、イマイチ日本の成長ビジョンは浮かんで来ないんだよね。
環境立国くらいかなぁ?
環境立国で世界一を目指す以外に日本の生きる道はあるんだろうか?

環境といえば…民主党の高速道路の無料化。
これはもうわけわからん。
「元々無料にする約束だったから民主党がやる」っていう、また人気取りの政策。
アホかと。
環境立国を目指すべき時代に、なぜ車の利用を促進するか?
さらには、数字合わせの遊びみたいな財源の出どころ。
無駄を省いて、捻出します?
毎年8兆円の無駄を削減して返済にあてても100年かかる借金を持ってるのに?
金無いくせに大盤振る舞いとは、破産志願者か?将来のことを考えているとは思えない。

個人的には民主党政権と考えるだけで株を空売りしたくなる。
…が、世界的な景気回復局面で売り向かうのは危険なので、空売りを我慢するのにエネルギーを費やしそう。

というわけで、日本の将来を考えると閉塞感でいっぱい。

しかし…ふと周りを見渡すと、数年前よりも、明らかに生活は便利になっているんだよね。携帯、インターネット、液晶テレビ、エコカー、高気密高断熱住宅などなど。そして、まだまだ進化していく雰囲気もある。
ふと視点を変えると、衰退してるとは思えなかったりもするんだよね。

諸外国と比較して相対的には衰退してるが、絶対的には成長してるってこと?

…なんだかよく分からんけど、将来を見据えて頑張りましょー!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nabesaku.blog13.fc2.com/tb.php/1224-0a700a70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。