2005年4月から投資スタート。 2013年サラリーマンから主夫に転身後、全く勝てなくなる。2014年10月30日、意識改革し、ルール無視は一切しないプロ相場師としての活動を開始。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
上がってる・・・。

日経平均先物、NYダウ、ドル円、原油、揃って大幅高。

前回踏み上げられて懲りたのに、またやってしまった。
今度は早めに投げようと思う。

ポジションサイズは大きくないので被害は致命傷レベルではなさそう。

カットカット。。。
今日の仕事はカットすること。。。

8802三菱地所の売建玉は高寄りして落ちてきたところでやれやれ買い戻し。
2634.5円売り→2633円買い戻し。

ノーポジに。

手数料と税金を引いて、1泊2日の利益は510円也。。。

まあ損しなかったし、次にエントリーできる余力ができたので良い撤退でしょう。
19400円辺りに空いた窓を閉める頃にまた再度売り狙いで。

それまでは・・・寝る。

騰落レシオ 86.6%
空売り比率 36.2%

東証1部値上がり銘柄数 1822
東証1部値下がり銘柄数 61

空売り比率は若干下がった。

ではまた来週。
スポンサーサイト
ふむ。やはり買いで良かったのか。
まあ、思ってる通りに動けるほど上手くないので、取れなくても仕方ない。

ゆったりと行く。
売るのは2番天井を確認した後でもいい。
慌てて入ると踏み上げられる。

日経平均は19400円辺りまでは戻ってもおかしくないように見える。
売るならその辺り。

と書いた側から、ポジポジ病か、8802三菱地所を打診売り。
日経平均が18700円辺りで上昇の勢いに陰りを見せ始めたので。
そのタイミングで8802三菱地所は日足一目均衡表の抵抗帯下限付近。
上値は重いが下には簡単なきっかけでスコンと動きそうと感じた。
2634.5円売り。

しかし、イブニングの先物は大きく上げている。
踏み上げられる可能性大。
これは売り上がっていくのはちょっと怖い。
やはり、2番天井を確認してから売るのが賢いと思う。

騰落レシオ 77.8%
空売り比率 39.8%

空売り比率がさらに上昇。
踏み上げモード。

マズイな。

ではまた明日。
売り目線で。

NYダウがリバウンドして、日本株もつられてギャップアップするようなシーンが来たら空売りを狙いたい。

朝、起きるとNYダウは200ドル安。

そして・・・なんだ?今日の寄り付き前の気配?
NYダウは200ドル下がってるのに日本は特買いが多い。うーん、惑わしてくるねぇ。

始まってみると・・・強い。

そんな中、8801三井不動産はギャップアップで、8802三菱地所はギャップダウン。
よく分からん。

取り敢えずパニック売りは一旦収まった。

・・・売りたいがまだ売れない。

売れないってことは買いを入れるべきではないか?
「もしも買いで持っていたら、次に空売りするときに十分に引きつけてから売ることができるのではないだろうか?」

という謎の考えを持って、8802三菱地所を1枚飛び付き買い。
今日、長い陽線を引きそうなので明日のギャップアップも期待できる。

しかし、売り目線だし飛び付き買いなので、買値付近まで行って来いしたところで持っていられなくなってリリース。
2563円買い→2565円売り。

・・・これだけ。

手数料、経費、税金を引いて、今日の日当は975円也・・・。

何もしない予定だったので及第点か。

騰落レシオ 76.9%
空売り比率 39.2%

東証1部値上がり銘柄数 1792
東証1部値下がり銘柄数 92

空売り比率が高いので踏み上げもありそうですね。

ではまた明日。
やはり、夜間で先物が下に突っ込んで戻って来た。

NYダウも日経平均先物も日足で長い下ヒゲをつけたので、売建玉は一旦手仕舞い。
投げるしかない信用組は大分投げさせられただろうから一旦リバウンドしそう。

8802三菱地所
2712円売り→2497.5円買い戻し

6390加藤製作所
760円売り→507円買い戻し

ここでリバ狙いのドテン買いを入れる予定だったが、基本的には売り目線なので、躊躇してうまく入れず。仕方なくノーポジで傍観することに。

すると、直後から勢い良く上がっていく・・・。

ダメだ。。。動くべき時に躊躇する下手クソ。

しかしまあ、この相場で損してないだけマシか。。。

さて、次に売り直すのはどこか?
流れは下向き。
NYダウは長い下ヒゲとはいえ、588ドル安。
下ヒゲだからといって不当に戻し過ぎた所は売り叩くべきだと思う。

18800円付近までリバウンドしてるのを見て、「これは不当に戻し過ぎだ」と思うものの、7月に踏み上げられた記憶が頭をよぎって、うまく売れず。
そこから日経平均で1000円くらい下がっていきました。。。
下では買えず、上では売れず・・・。

まあいい。いつも一歩早くて損するので、ここはゆったりと行く。
もし2番天井があるなら、そこで売る。最悪、2番天井を確認した後の追撃売りでもいい。
2番天井が無ければ何もしない。
16000円まで下がったところでリバウンドを取りに行く。

1671原油WTIのETFは、セリクラを確認したら買ってみたい。

騰落レシオ 75.8%
空売り比率 36.3%

東証1部値上がり銘柄数 115
東証1部値下がり銘柄数 1751
金曜日の終値は19435円と、一気に2万円を割ってきたその日の夜、NYダウは530ドル安(3.1%安)。

これを受けて、CME日経平均先物は18975円。
20000円を割ったかと思ったら、19000円まで一気に。
しかし・・・まだ止まらないと思う。

もう少し行ってから折り返しかな。

日経平均で18000円。
この辺りが価格帯別出来高からして、最初の節目だろう。

その次の節目が16000円。

まずは18000円。そこまで待ってから仕掛ける。
しっかりと待つこと。
フライングはダメ。

イメージとしては、
節目では必ず半分は仕掛ける。
半分だけは売りを手仕舞い。
ドテン買いして、リバウンドを取る。
買いをリリースしたら、再度売り直し。

さて相場スタート。

大幅ギャップダウンから下へ。
まあ順当な値動き。
日経平均は895円安(4.6%安)で終値18540円。

マザーズ指数はひどい下落で前日比マイナス12%超え。

結構ぶん投げ売りが出ているようです。

売建玉の含み損は、プラス圏へ。
取り敢えず助かった。
まだ高いと思っているものの、少しだけやれやれ利確しておく。
夜間で先物だけが下に突っ込んで急速に戻して朝にはギャップアップなんて動きをされたら悲しいので。
2712円売り→2578.5円利確

騰落レシオ 75.0%
空売り比率 36.2%

東証1部値上がり銘柄数 8
東証1部値下がり銘柄数 1880

空売り比率は、ほんの少しだけ減ったが、依然として高水準。

夜間の動きを見たら、買い戻しは早過ぎたか。

明日の朝にはどうなってるんだろう?

こういう時は頑張りすぎると、一歩早く動いてしまってタッチの差で大損する。
ゆったり行こう。

ではまた明日。
8/21(金)

NYダウ大幅下落。
夜間の日経平均先物も2万円を割れて大幅下落。

昨日の39.1%の空売り比率が今日はどうなるのか?

安いと見て買い向かう人が多いのか、下落の始まりと見て売る人が多いのか?

興味深い。

自分は、売り玉が助かって欲しいとお祈りしている状態。
今日は何もしない予定。

さて、相場スタート。
日経平均はギャップダウンで寄ってから更に下へ行って大幅安。
ドル円も122円台に突入。

株価は買い方と売り方の保有期間の長さで決まる。
こういう展開になると、長く買いで持ってた人が売って、短期の人がリバ狙いで買いに入る。
となると、買いの人の方が短期なのでバケツリレーで下に向かうことになる。
短期の売りの人も中には居るだろうから、細かい振幅はあるものの、大きな節目までは下向きだろう、と思って眺めていた。

結局、日経平均はリバウンドなく安値引け。597円安で終値は19435円。一気に2万円を割ってきた。

そんな中、昨日まで強かった不動産株も地合いに引っ張られて下落。
8802三菱地所は最後に少し強さを見せてリバウンドしていたものの、大陰線。

ちょっと一息。

東証1部値上がり銘柄数33、値下がり銘柄数1854。
マザーズ指数も大幅下落で4.16%安。
全面安。

さて、空売り比率はどうなったかな?

騰落レシオ 81.2%
空売り比率 38.8%

依然として高い。
急反発する場面があるんだろうが、それがいつなのかはよく分からない。
個人的にはまだ反発するには早いと思う。

(空売り比率とは、売り残り残高を出来高で割ったもので、ショートカバーによる株価上昇が起こりそうかどうかを判断するためのもの)
8/17(月)

騰落レシオ 121.0%
空売り比率 33.1%

8/18(火)

騰落レシオ 113.4%
空売り比率 34.6%

8/19(水)
朝から8802三菱地所は強く、日経平均が下げてもグングン逆行高。
こりゃ、2976円を超えて今日中にロスカットぶん投げだなぁ・・・と思っていたら、高値2968円をつけて下がって来た。
1日だけ生きながらえたか?

とりあえず、相場を横目に、ニジマス釣り等をして過ごしました。
ニジマスは美味かった。

この夏、庭で育てていたトウモロコシも無事収穫。
これもメチャ美味かった。

騰落レシオ 98.9%
空売り比率 37.7%


8/20(木)

日経平均は弱いのに不動産株は強い。。。

・・・ううむ。。。
と思いながら株価を眺めて悶々としていたら1日が終わってしまった。。。

8802は週足の5年チャートで見るとトレンドが無いBOX相場なので、移動平均線の上では売り、移動平均線の下では買いで良い気がするので売り玉の含み損は我慢している。。。

騰落レシオ 90.8%
空売り比率 39.1%

空売り比率が高い。。。

引き続き苦しい展開が続きそう。
一旦損切りして楽になりたい気もする・・・。
半年ほど前、ある著名な機関投資家さんが言っていた。
ジャンク債の「ハイイールド社債ETFが炭鉱のカナリア的存在かもしれない」と。

リーマンショク後の世界的低金利で運用に苦しむ投資家が「景気拡大局面だからジャンク債でも大丈夫」といって、高リスク高利回りのジャンク債に手を出したため、価格はここ7年間で2倍になっていて、今やリーマンショク前の水準を超えた高値。
市場規模も同様にここ7年で倍増して2兆ドルの規模に。
そのジャンク債ETFのチャートが最近、天井ではないかというダブルトップに見えるチャートを形成している。
原油価格の下落によってジャンク債を多く発行する米シェールオイル企業が経営危機に晒されているためで、先の見通しも明るくなさそう。

このジャンク債の損失穴埋めの為に、他の金融商品も連鎖的に売られるような展開が見られるか?

・・・そして、例年株が安くなる10月がヒタヒタと近付いて来ている。

そういうわけで売り一辺倒のポジションなんですが、8802三菱地所は今日も逆行高・・・。
厳しい。。。
追い込まれてやる投機はほぼ負けるので、定石から言うと休むべき時が来たのかもしれない。
ここの売り玉は2976円を超えたらギブアップ。なりふり構わず投げるようにしよう。。。

でも、これは自分のようなド下手投資家がギブアップ投げした後に暴落するパターンではなかろうか。

騰落レシオ 116.3%
空売り比率 38.0%
8/13(木)
日経平均は202円高と大きく反発。
マザーズ指数は1.8%安。

激しい値動き。
上に行ったり下に行ったり忙しいのは天井圏だからこその動きと思う。
そうすると、上手く立ち回るには、上に跳ねた時に空売りをして行けば良いんだと思う。

空売りのできない銘柄が多い新興市場が弱いのを見ると、日経平均は需給で値持ちが良いだけで、本当は下に行きたいんじゃないかという風に見える。

昨日逆行高で妙に強かった8802三菱地所は前日比ほぼ変わらず。

8202ラオックスは好決算。
これは上に跳ねそう。
盛り上がった後に売れる場面がないか探してみたい。

同様に2931ユーグレナも好決算。

しばらく眺めてみたい。

騰落レシオ 111.8%
空売り比率 35.6%

ではまた明日。
8/11(火)

今日も強いなー、上抜けるのかなー?と思って見ていたら、11時頃から急落。
ほほう。こんな動きされちゃあ、簡単には勝てないでしょうねぇ。

というか、急落っていうけど、日経平均は20700円辺り。
メチャ強い。

騰落レシオ 115.5%
空売り比率 34.2%

相変わらず空売り比率も高くてショートカバーで上に跳ねても良さそうな数字。

ドル円は円安。夜に125円も突破。
NYダウは200ドルを超える下げ。

日経平均はここから上に行っても下に行っても驚かない。
要するに読めない。


8/12(水)
日経平均が328円も下がってる。
しめしめ、これは売り玉の8802三菱地所も下がってるかな?と思って見てみたら・・・上がっとるがな!!!

・・・ぐぅ。。。

まさかの逆行高とは。売る銘柄がダメ過ぎたか。。。

騰落レシオ 103.6%
空売り比率 39.3%

んー。空売り比率が高い。
みんなが下落に備えている。
これは、日本株は簡単には下がらなさそうな気がする。

今日の下落はSQ前の水曜日で下げやすいひだったからかな。。。

てはまた明日。
わずか1単位の1000株しか持ってないが、空売りで保有している6390加藤製作所が1Qで早くも下方修正。
16%の下落。
リバ狙いの信用買いが入ったようなので、もう少し下げそうな気がする。
他の空売りで苦しんでいたので、これは一息つけた。
8802三菱地所はジワリと上昇。
相変わらず厳しい展開。

日経平均も上抜けしても不思議じゃ無い位置にまで上がってきた。

騰落レシオ 108.1%
空売り比率 35.0%

ではまた明日。。。
8/5(水)
ドル円急伸。125円手前へ。

夜間の日経平均先物も急伸。20800円。

ショートポジMAXなので死にかけ。

8802三菱地所。

結構空売りが入ったようで、貸借比率が1倍付近から一気に0.19倍に。

日足チャートは上に抜けているので、踏み上げ確率が高そう。

寄り天の可能性もあるが、中途半端に我慢すると頂点で投げさせられる展開が想定される。
傷口が広がり過ぎないように寄りで投げておくのも手か・・・。

参ったな。

そして、唯一と言っていいくらいの買いポジションの3632グリーが本決算を発表。
大幅減益で最終赤字で着地した上に、今期の中間期の大幅減益予想を発表。

これは売られそう。。。

売りは上昇、買いは下落の見事な股裂を食らいそう。
踏んだり蹴ったり。


8/6(木)
8802三菱地所は大きくギャップアップしてスタート。
売り方の投げだろうか?

自分も投げたい売り方だが、寄り付きは少し我慢。
高値2930円を見た後に、ここを超えたらぶん投げようと、逆指値のロスカット注文を入れる。

「多分今日中にはぶん投げられてるだろうな」と思いながら、海水浴に出かける。
海に着いたら、サメが出たので遊泳禁止とか。
それでもせっかく来たのでと思って入場すると、浅瀬では泳ぐことができました。

気になる逆指値注文は引けまで約定せず。
前日比ややマイナスで引けました。

結果、この日も持ち越しです。

貸借比率は0.19倍から1倍超えまで上昇。
一方的な踏み上げ相場にはならない感じか。

3632グリーは素直に大幅下落。

NY株の弱さ、原油の弱さに比べて日本株は強い。

騰落レシオ 104.9%
空売り比率 33.3%


8/7(金)
NYダウは120ドル下落。
しかし、日経平均株価は上昇。
マザーズ指数は弱くて、いち早く天井を打ったかというようなチャートで下落。

売り玉の8802三菱地所はジワリと上昇。
茹でガエルのように殺されるのも嫌だな。。。

騰落レシオ 100.9%
空売り比率 33.4%

来週はSQ週だし、8月~10月は例年強くないし、NYダウは下に行きそうな雰囲気醸し出してるし、助かると妄想中。。。

お祈りしながら耐える我慢の日々が続く。

ではまた来週。。。
8/5(水)

景気が良いって事は、金回りが良いって事だろうから、商品価格も上がりそうなもんです。
しかし、商品価格の代表格のコモディティーを見てみると原油も金も白金も安い。

原油価格や金価格などの商品相場が軟調な中、株だけ能天気に上がるもんかなぁ?とボンヤリ考えながら日経平均株価を眺める。

日経平均株価は高値圏。ただ、日足も週足もMACDに勢いがない。
これはそろそろ戻り天井なんじゃないかと考える。

しかし、そんなド素人の相場感は無視して、相場は今日も強い。

保有の空売り玉もマズイ動き。
岩井コスモ証券のレーティング引き上げの影響か、8802三菱地所が大きく上昇。

・・・踏み上げられた。

ちょっと様子を見た結果、ロスカット水準をアッサリ超えて、そろそろ退場を避けるためになりふり構わずぶん投げるしかないポイントが近づいてきた。

んー。
結構苦しいが焦らずマッタリ行こう。。。

今現在のベストな選択を模索しながら。。。

騰落レシオ 106.1%
空売り比率 33.7%
7/30(木)
相場は無視して、ボディボード片手に海へ!

夏の海はいいなー。

最高でした。

騰落レシオ 91.1%
空売り比率 34.8%


7/31(金)
前場、不動産大手の株価が高い。
空売りポジションなのでキツイ。
どうやら後場の場中に1Q決算発表があるようで、決算期待で上がってるものと思われる。

期待で上がってるということは、決算が発表されたら元の位置に収束するんじゃないか?という希望的観測を持って売り増し。

2733円売り。

13時。
まあまあの好決算。
サプライズは無し。

2762円を超えてきたらぶん投げかな?と思ってたら・・・アッサリ超えていった。
高値2798円。むう。。。

ただ、決算発表直後の荒い値動きよりも今日の終値が重要だろうと思ったので、すぐにはロスカットせず。
また、8月の相場は弱いことが多いというのを根拠に我慢。

さっさと切らずに我慢するのは負け組のやることだが、どうか?

結果、終値は2755円。
2762円を僅かだが下回って終了。
ロスカットせず。

さて、8月相場どうなるかな?

騰落レシオ 97.9%
空売り比率 31.7%

ではまた来週。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。