2005年4月から投資スタート。 2013年サラリーマンから主夫に転身後、全く勝てなくなる。2014年10月30日、意識改革し、ルール無視は一切しないプロ相場師としての活動を開始。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フルマラソンに向けて、手始めに20.1kmジョギングしてみました。
1時間58分かかりました。

ゆっくりだけど、生まれて初めて経験する距離なのでキツイ。
これは・・・42.195kmはいける気がしない。

でも、長時間ジョギングしてると、ストイックになれて良いかも。

2時間走り続けることに比べれば、トレードでルールを厳守する事くらい、大して難しいことでは無さそうな気がする。

問題は花粉症の時期が来たらモチベーション急降下の恐れが・・・。

では、明日からも人生楽しんで行きましょう。

節目で仕掛けて、短時間でサクッと利確するトレードで行ってみよう。
スポンサーサイト
相場で実績を出していないのに、並行して新しい事に挑戦することになりました。

フルマラソン。

いつかはやろうと思ってましたが、今なら出来る気がするので。

これまでの人生、16kmしか走ったことがないので全く未知の領域。

本番は4月。
あと5ヶ月あるので毎日練習すればどうにかなりそう。
明日早速、ゆっくりと2時間くらい走れるかどうかやってみようと思う。

これからは、相場と練習の二本立てで忙しくなりそうだ。

本番までに体脂肪率を5%落としたい。

さて、株。
今日はお休みなので勉強だけ。

価格変動について。

価格変動というのは、買いの量と売りの量によって決まります。
デイトレーダーは買えば必ずその日のうちに売るし、売れば必ず買い戻します。
つまり、1日単位では価格変動に対してニュートラルな存在です。
ではなぜ価格が動いていくかというと、相場参加者はデイトレーダーばかりではなく、保有期間の長い投資家もいるからです。仮に、買いで入る人は長期投資家のみで、売りで入る人はデイトレーダーのみと仮定します。デイトレーダーの売り方は、価格が高かろうが何だろうが、その日のうちに買い戻ししなければいけないので、毎日買い需要が発生し続けます。すると、長期投資家が売りたくなる水準に来るまで価格は上がっていくことになります。
今の株価位置が短期で売りたいと思えるポイントだったとしても、長期投資家がまだ売らない位置であれば、上下に変動しながらも上がっていくことになります。
そうやって、トレンドと振幅が生まれるわけです。
そういう日々の振幅を取るには短期チャートのテクニカル分析と、大衆心理を読む力が重要でしょう。
しかし、トレンドを読むには長期チャートに加え、ファンダメンタル分析も必要になってくると思います。

短期トレーダーと長期投資家の両方の心理を読む事ができれば無敵でしょう。

これを意識して、来週はテクニカル分析とファンダメンタル分析の両方を実施してからエントリーしようと思います。
11/28(金)

騰落レシオ 138%
空売り比率 31%
過熱感はあるが、まだ強い。

6675サクサ。
4564OTSと6675サクサは、初動の値動きと発行済株式数を超える異常な出来高でシコリを作るという点が良く似ていたし、今はお祭り銘柄がグングン上がる地合いなので、6675サクサも4564OTSの時のような二段上げがあるに違いないと思って損切りせずに我慢していました。
発行済株式数を超える出来高をつけたということは、株主総入れ替え状態なので、値動きもスゴイことになるだろうと思って。

しかし、待ち伏せせずに飛び乗ってるし、損切りせずに我慢してるし、二重にダメな状態で買ってすぐに大きな含み損を抱えてしまったので、やっぱり気持ちがブレ始めました。
大幅含み損を抱えた状態でもう一度改めてよく調べてみると、4564OTSの初動と上がり方は似てても、どうもその中身が違って見える。

4564OTSは材料に反応して上がったのに対し、6675サクサは材料をキッカケに売りで捕まっちゃった人の踏み上げで上がっている。
なので、4564OTSは高値圏で揉み合ってから二段上げになったけど、6675サクサは踏み上げが終わった後は、元の低い位置に戻ろうとしている動き。
11/19(水)に158円~208円で貸株残高が急増。この日に売りで捕まっちゃった人が踏み上げたために短期で行き過ぎた相場。売り方の投げが終われば元の位置に戻るという弱気な見方に変わりつつあります。
そして、11/19(水)にできたその需給の歪みは、11/20(木)以降、毎日順調に解消する方向に動いている。
売り方有利の流れで来ています。

ただ、11/27(木)に日証金の株不足が解消したので、逆日歩も消えて売りにくい流れが変わる可能性はあるかもしれない。
弱気になりつつあるものの、4564OTSの前例があるだけに、あの空前の出来高でアッサリ終わるようにも見えないんですよね。

比較対象の4564OTSは連続赤字会社なのにお祭り上げしているので、出来高と需給が全てで業績なんて関係無い。むしろ、業績は悪い方が売り安心感があって踏み上げが起こりやすいと思っていました。

しかし、含み損で損切りしないといけない水準になってしまったので、踏ん切りをつける為にも決算書をよく見てみることにしました。。。
(遅すぎですね。買う前に調べないと。。。)

業績を確認した結果、6675サクサは、業績見通しが甘過ぎて、ほぼ毎年、会社予想を下回って着地している、下方修正が多過ぎる会社。
なるほど、PBRが0.73倍と低いのも納得です。
急騰したのは、需給の歪みが起きて間違って上がってしまった感じが否めない。

その頼みの需給が毎日確実に売り方有利に動いているんだから、すぐに投げるのが最良の選択と思われます。
ただ、300円~350円の買い方が我慢出来ずに投げる255円付近になると一旦反発しそうな気もします。
ここには1時間足の一目均衡表の抵抗帯の下限もあります。
そうなると11/28(金)に投げると、谷底での投げになる可能性が高い。
投げるなら、谷ではなく戻りで投げたいところ。
需給の歪みが戻り切った訳では無いし値動きも激しいので、もう一度300円くらいまで上げることもありそうな気もしますが・・・そういう淡い期待をしてると損失が拡大するんだろうなぁ。。。

4564OTSの時は連続赤字の会社なので売りで大丈夫だろうと思って売って一気に踏み上げられ、今度は6675サクサで買いでボコられてるんだから、正にマーケットの肥やし。

プロ相場師になったとか自称していながら・・・何をやってんだろう。。。

あと、本筋には全く関係無いけど、決算書を見て少し気になったのが、営業キャッシュフロー。
営業利益は少ないのに、営業キャッシュフローがやけに多い。年度によっては営業赤字なのに営業キャッシュフローが大幅黒字だったりする。
これは一体何なのだろうか?
よく、営業利益が黒字なのに営業キャッシュフローがマイナスとかで粉飾疑いが出たりするが、その逆なので特に問題ではなさそう。でも念の為確認。
キャッシュフロー計算書を確認した結果、毎年25億円前後の減価償却費があるために、営業キャッシュフローがプラスになっている。
売上高が400億円前後の会社で、25億円の減価償却費というのは売上高に対して6%程度。また投資キャッシュフローも毎年25億円程度あるので、多分妥当な数値なんでしょう。
営業キャッシュフローの件は、健全な内容で、特に気にすることは無さそうです。

今は、高値圏で買ってしまって捕まった人と、高値からの下げて買った人が損切りして売っているところ。

300円~350円の高値圏で捕まった人は260円辺りが持てる限界とすると、250円台では流石に一旦止まりそう。そういう風に買い方目線で都合よく考えたとしてもまだあと20円下に行く余地がある。

上場来高値は1039円。
そこに比べると、今の高値圏もまあまあ低い位置に見えるが、実は1039円だった10年くらい前は、60億円とか40億円とかの利益を稼いでいて、今とは全然稼ぐ力が違っていた。

4564OTSの場合、高値275円から221円まで20%ほど調整して、13営業日の揉み合いをした後に、日足MACDが陰転するぞと見せかけて空売りしやすくなった位置から二段上げをしました。
仮に6675サクサもこれと同じと仮定すると、高値356円から286円まで調整した後、12/10(水)まで揉み合った後に再発進。
・・・そんなベストシナリオの場合ですら、あと2週間近く含み損に耐えなければならない。
しかも、11/27(木)終了時点で既に274円まで下落して、シナリオよりも下振れ中。
そして、比較対象の4564OTSは癌治療っていう夢のある新興銘柄なのに対し、6675サクサは地味な電気機器銘柄。。。

そんな感じで色々考えていると、とても持ちきれないので、278円で投げました。
307円買い→278円投げ。
利小損大。

投げるにしても、セオリー通り15分足の一目均衡表の抵抗帯下限で投げていれば、もっと損失額を減らせました。

色々とダメ過ぎでした。
特に、ルール違反は一切ダメと言いながら結局守りきれていないところ。

損切り後の頭に血が上った状態でエントリーしても酷い目に合うのがオチなので、今日は損切り後は相場から離れて何もしない事にしました。

引け後にまた新たなエントリー候補を探します。

来週、プロ相場師として頑張ろう。

ルール無視は1度たりともダメ。
8割方勝てると思える節目で待ち伏せエントリー。
6勝4敗で週1回5%取る作業を10年続けて成功者になる。

ではまた来週。
11/27(木)。

騰落レシオ134%
空売り比率28%
過熱感あり。そろそろ調整入りか。

6675サクサ。
買った途端、2日連続の値下がり率上位で死亡。
買えなかった8789フィンテックは2日連続のお祭り上げ。

2択で悩んだ時に毎回100%逆を引いてしまうのは、入りやすい弱い方に入っちゃってるからでしょう。
2択で悩んだ時は、入りやすい方はダメで、入りにくい強い方に乗るべきですね。

完敗です。
騰落レシオ146%
空売り比率30%
過熱感あり。

調整が入りそうな数値だけど下げない。

昨日84円で買うかどうか悩んで買えなかった8789フィンテックは今日、ストップ高張り付きとかいうトンデモナイ上げで終値124円。
一方で、昨日買った6675サクサは大幅安で値下がり率上位。大含み損。
・・・明暗クッキリ。
また2択で間違えて心が折れそうだが、淡々と行こう。
何が起きても冷静に。

ふむ。そういえば4564OTSの時は追加で材料が出て二段上げになったんだった。そういうのが無いと、この位置からの再発進は難しいのか?

空売りで持っていた2749JPHDは動かないまま日足MACDが陽転しちゃったので処分。
366円売り→366円買い戻し。
手数料負け。

4321ケネディクスが1時間足の一目均衡表の抵抗帯上限付近まで押したので買い。その後の行って来いで投げ。
631円買い→632円売り。

後場は、体調と体型を元に戻すためにジムへ。

全く稼げないが、相場は逃げない。
焦らず落ち着いて行こう。

ではまた明日。
3連休、食っちゃ寝を繰り返したら、熱は下がりましたが、体重が大幅増加。
明日から通常運転に戻そう。

さて株。

騰落レシオ135%
空売り比率30.8%

過熱感あり。

NYダウの日足MACDは陰転間近。
日経平均もほぼ同じ。
短期的には調整が入りそうなチャート。

ただ、空売り比率が30%を超えている高い水準なので、過熱感があっても上がってしまいやすい環境とも思える。

つまり上とも下とも言えない。。。

だからといって何もしないのは勿体無い。
取り敢えず、今はお祭り銘柄がグングン上がって行く地合いだと思うので、お祭り銘柄の押し目を探して乗ってみる。
優良株でチマチマ稼ぐより効率が良さそう。

まずは保有していた優良株の7974任天堂を利確。
12920円買い→13130円売り。

さて、買える銘柄は何だろう?

6675サクサ。PBR0.8倍。
4564OTSが動き出した時の動きと似ている・・・。
4564OTSの時も、発行済株式数を超える出来高で上にシコリを作って、売り安心感ができた後に急騰。
今がそういう相場なんだとすると、ここも同じ動きをするかも。。。
「この程度の材料で上がり過ぎ」って思える内容だからこそ上がっちゃうんだよなぁ。
材料よりも、出来高と値動きに注目してみる。

8789フィンテック 業績、チャート共に良い。

この2択かな。

悩んでいると、8789フィンテックは上に飛んで行きました。
というわけで、残った6675サクサを買いました。
307円買い。

4564OTSは遂に600円ですか。
スゴイですね。

ではまた明日。
久々に熱を出しました。
体調不良継続中。

上がりそうな株の買いポジションと、下がりそうな株の売りポジションなので、バタバタせずに寝てるには良いかも。

アメリカの大寒波はちょっと気になります。ニューヨークで1.8mの積雪とか。
が、しかし、NYダウは堅調。
あまり気にしなくていいのかな。

全体相場の確認。
騰落レシオ122%
空売り比率29.8%
過熱感あり。

さて、寄り付き。
前場は眠らずに見てたら、売りポジションも買いポジションも同じように下がって、プラマイゼロ。

今日の午前中の参議院本会議、野党はほとんど欠席。
こんな「嫌だから欠席」っていう子供みたいな対応で良いんですかねぇ?
政治家ってイマイチ分からない。

・・・という自分も、今日は体調が悪いからという理由で売買もせずにコタツでヌクヌク。
後場は解散中継を見る or 寝る?
んー、一応テレビ見ときますか。
む。風邪か。体調悪い。

1815鉄建建設は下がってますね。
やはり昨日のルール無視は最悪でした。

全体相場の確認。
騰落レシオ129%
空売り比率26.5%

少し過熱感が出てきました。

円安進行だが、日経平均先物はあまり反応していない。
まあ、輸出関連株を買いやすくなったと考えておく。

7974任天堂は有望。
円安進行。
取り組み良化。
チャート良好。
これから年末商戦で注目されやすい。
1時間足で綺麗な上昇トレンド。
ギャップアップだが、寄りから買ってみる。
週足の先行スパンが12610円で支えになる形。
12920円買い。
しかし、買ってから弱い。
円安が進んでも売られるのは嫌な下げ方だが、年末年始は強いだろうから黙って見守る。
ここも1週間に5%取るのは難しそうな気がしますが、先日6758ソニーで同じように考えて降りた瞬間1日で5%上げてたので、待ってみる。

3632グリーも有望。
gumi上場で特別利益が出る予定。12月9日利益額が決まる。100億円とかいう結構大きいレベルになりそう。
冬には3本の新作ゲーム。
取り組み良し。
ここは長い目で見てNISA枠で購入。
806円買い。

後場は体調が悪過ぎて、引けまでずっと寝てました。

終わってみると、今日は円安株安。
ちょっと気になる値動きでした。

4564OTSはストップ高ですか。
売り禁になった銘柄って弱いイメージがあったんですけど、メチャクチャ強いですね。
それだけ今は上がりやすい相場ってことですかねぇ。


保有の売建玉、2749JPHDは増税先送りで売り安心感が増したように思います。
消費税増税延期で税収が減るので、子育て支援に回すお金も減る方向か?
業績面でも2Qを見る限り、いずれ下方修正が入りそうな進捗状況。
でも動かないので持ってても面白くない。

取り敢えず、売り買い両方のポジションを持ってるので、そこまで痛い目には合わなそう。
週に1回5%取る作業を6勝4敗で10年続けて成功者になる。

でも、今日は買える銘柄が何か分からない。困った。

騰落レシオも120を超えてきて警戒レベル。
空売り比率も30%を少し下回ってきました。

朝から買うターンでは無くて、もし安くなったら拾う場面。
買える銘柄が無いなら売ろう。

今日は売るなら1815鉄建建設か、6143ソディックかなと思ってました。

そして二択で1815鉄建建設に売りで入ったら、2日続けてエライ勢いで担がれました。

6143ソディックは大幅下げ。

また二択で間違えた。
日経平均が下げていく中、逆行高。
あかん。。。

担がれたけど、チャート上のいいところまで戻ったので「明日になれば景色が変わる可能性が高そうだ」と思って、損切りせずに放置して出掛けようと決めました。
しかしその後、出先で携帯で眺めてると、4321ケネディクスが勢いよく上がっている。
「これは・・・前日比3%高くらいならまだ上に行くのでは?」と考えて、空売りポジションを投げて、ルール無視の飛び付きギャンブルトレードに手を染めて傷口を広げてしまいました。

1815鉄建建設
460円空売り→472円損切り。

4321ケネディクス
661円買い→657円損切り。

ボコボコ。

もしも、ルール通り何もしなければ、1815鉄建建設は上髭をつけて含み損が縮小していたし、4321ケネディクスで余計な損失をすることも無かった。

・・・。

10年先を見据えて二度とルール無視をしないプロの相場師に生まれ変わったのでは無かったのか?

まだ懲りないのか?

もう一回死んでこい。
1815鉄建建設を一旦448円で利益確定。
455円売り→448円買い戻し。

4321ケネディクスの出来高が盛り上がっていたので、デイトレで少し乗っておきました。
610円買い→622円利確。

その後、再度1815鉄建建設を空売りして、担がれて投げ。
448円売り→457円損切り。

んー、強い。
今日は日経平均だけでなく、マザーズも強い。
何でもかんでも上がるバブル相場か。

GDP速報で一旦下に振って売り方を捕まえたので上がりやすくなったのかもしれないですね。

1815鉄建建設に売りで入り直した分は損切りになってしまったけど、「明日からまた戦える状態に戻せた」と、思っておく。
損切りは淡々と実施すべし。

こうなってしまったら何か買わないといけない気がしますが、無理に飛びつかない。

まだ裸の空売りポジションも片方残ってます。

取り敢えず今夜は、次にエントリーできる銘柄を探そう。
今週はどう動くんですかね?

GDPが良ければ素直に上がる。
GDPが悪くても消費税増税延期観測で上がる?

もしかして、どう転んでも上げですか?
今の裸の空売りポジションは少し危険ですねぇ。
とにかく、テクニカルに素直に立ち回るようにしよう。
上に飛んだら損切りだな。


と思ってたら、飛び出したGDP速報値は、二期連続のマイナス!
予想以上に悪い。

安倍首相は堂々と「アベノミクスの成果は出てる」って言ってるけど、ホント?

出てる数値は景気後退。
回復が鈍いのではなく、後退。

日経平均も下落。

年末年始だ!解散総選挙だ!って言って、能天気に買ってていいものかどうか。

そして、持ってる空売りの建玉は・・・動かない。
2銘柄売ってて、片方の2749JPHD
は上がってるし。
うぬぬ。
売り安心感のあるものを売ってると、上がらないけど下げないですね。。。
株式投資の利益は恐怖の代償ですからねぇ。

でも自分の中では同じくらい売り安心感があった1805飛島建設は、空売りしなかったらグングン下げてるんだよねぇ。。。

それでも1815鉄建建設はジリッと下げて日足の一目均衡表で三役隠転。
全体相場が安い日は利益確定しておきたいけど、明日から三役隠転で注目されるかもしれないので空売り持続。

そうと決まれば、やる事もないので、ジムへ。

その前に、吉野家に行って、話題の牛すき鍋膳の市場調査。
白いご飯の味はイマイチでも、牛すき鍋はなかなか旨い。
お手軽にすき焼きが食べれてイイ!

あ、そういえば、どーでもいい話ですけど、日経平均400円安よりも恐怖の体験をしました。

いつもの寄り付き前のジョギングの時、少し喉が痛いので、いつもはしないマスクをして出かけました。

しばらく走っていると、空から落下してきた鳥のフンが、そのマスクを直撃!
もしマスクをしてなかったら、ダイレクトに食べてる所でした。
・・・怖すぎる。

今日のなべさくは運がいい。

では、ジム行って来ます。




iPhoneから送信
午前中、登山。
午後、ジムで泳ぐ。
夜、飲み会。
隙間時間、息子とオモチャのビリヤード。

休日らしい過ごし方。
紅葉がキレイで、夜の料理も最高でした。

でも、すっかりお酒が呑めない体質になってしまって、呑んだ翌日は、いつも喉が痛い。
経験上、これから2週間くらい喉が痛くて咳が出る生活が続くと思います。

株と同じ。何回ツラい目に合っても同じ失敗をするんだからアホとしか言えない。

お酒を勧められると、ツラくなると分かってても「NO」と言えない。典型的日本人。

キッパリと「呑めないんです」と言える人はすごいと思います。

この経験を活かすため、次は正直に「前回体調が悪くなって大変だったからアルコールは勘弁して下さい」と言ってみようと思う。

これを克服すれば、かなり優等生。
・早寝早起き
・毎日の適度な運動
・酒もタバコもしない

・やるのは株という名のギャンブルだけ
・・・ダメじゃん。。。

自分は11月から生まれ変わった。
ギャンブルじゃない、職業としてのトレード。
これを実践していきましょう。


あと、せっかく生まれ変わったので、今回はお酒の失敗も、まず分析して克服できないか試してみようと思う。

まずは状況と症状の確認。
呑んだのは、生ジョッキ2杯と、芋焼酎ロックを1杯。
呑んでも顔には出ないし、二日酔いになるわけでもない。
でも翌日から喉の痛みと咳が続く。

お酒に弱いというのは一般的には、エタノールの代謝が悪いことのようですが、これでは無さそうです。

では何か?
自分の場合、スギ花粉やハウスダストなどに割と強いアレルギー反応を示すアレルギー体質なので、食物アレルギーが出ている可能性が高い。
ビールに含まれる大麦・麦芽・ホップ・ビール酵母か、芋焼酎に含まれる芋、もしくはアルコール自体。
ただ、芋は食べても大丈夫。麦芽の含まれるオールフリーを飲んでも大丈夫。
とすると、アレルギーの原因は、アルコール自体か、大麦・ホップ・ビール酵母。
もし、大麦・ホップ・ビール酵母が原因なら、ビールを止めてしまえば芋焼酎のみなら呑めるのかもしれない。

体調が良くなったら、次は芋焼酎だけたらふく呑んでみて、同じように体調が悪化するか実験してみようかと思う。
そうすればビールが原因なのか、アルコール自体がダメなのかが分かる。

あとその前に、ダメ元ですが、ものは試し。
せっかく簡単にできそうなので自前でアレルギー反応を見るパッチテストでもやってみようかと思う。
ビールを絆創膏に垂らして、二の腕の内側に一晩貼ってみる。
赤くなったらアレルギー反応あり。

よし。一歩前進。
やっぱり、失敗を分析することって大事。

まずは病院に行って、早く症状を直そう。
4564OTSは300円くらいの攻防をしている時に、「この出来高ならストップ高まで駆け上がりそう。少額だけ買っておくか?」と思ったが、怖くて手が出ませんでした。
その後、やっぱりストップ高まで行きました。
感情と逆に動かないと勝てませんね。

全体相場の確認。

強いですねー。
日経平均は、上髭を付けてもなんのその。
毎日高値を取ってきます。

・年末年始は買い
・消費税増税先送りで買い
・日経平均も連日の高値追い

取り敢えず売る理由は無さそうです。

しかし、今の自分のポジションは裸の空売りのみ。

・・・大丈夫か?

売りの損失は無限大なので、ちょっと買いも入れておいた方が心理的には良さそうです。

しかし、SQと7-9月期のGDP速報値っていうイベントが続きます。
イベント前にグングン上げてきたってことは、イベント後は一旦反転する確率も高くなります。

あと、ここでちょっと気にしておきたいのがマザーズ指数。

日経平均がグングン高値を取っている一方で伸び悩んでます。
マザーズ指数を週足で表示してみると、1年半も前の2013年5月に天井をつけて、そこから緩やかな下落トレンド入りしてるのでは?という風にすら見えます。

何でもかんでも上がる相場ではないので、騰落レシオもまだ100未満で息が長いのかもしれないですねぇ。

サッパリ読めないですけど、当てものではなく、淡々と玉の出し入れをしていきましょう。

さて、寄り付き。

1815鉄建建設と、8515アイフルと、1805飛島建設で、どれでも決算持ち越し売りで大丈夫そうと思って、1815鉄建建設だけ空売りして持ち越したら、唯一1815鉄建建設だけ上がって他の2銘柄は下げてる。。。

・・・なんだこれ?
逆指標継続中。
選ぶ方選ぶ方、逆になる。
1815鉄建建設が1番売り安心感があったからかなあ?
まあ、日足の一目均衡表では上がりやすい位置。テクニカルに素直に従った形なのかな。

テクニカルに素直に、そして感情と逆に動かないと勝てないということなんですね。

んー?と悩んでたら、為替が急伸してドル116円突破。
しかし、日経平均は逆行して下へ。

これまた、んー?
・・・全く読めない。

テクニカルの節目で淡々と売買すれば悩む必要がないんでしょうけど、なかなか難しい。

外は天気良いから、出かけようかなぁ・・・?

紅葉スポットにでも。
あかん。。。
動けず。
下記の想定で淡々と玉の出し入れをする予定が、何もできず。
前場始まってすぐの全体相場の弱さを見てると、「売り玉を手放しちゃっていいのか?」と心が揺れる。
すると固まって動けなくなってしまい、収益チャンスを逃しました。。。
相場を見ながら心が揺れたら、スパッと感情と逆に動かないと。

まだ前場だけど、上手く動けなさそうなので、今日はもう何もしない。


11/13(木)の予定は下記でした。

日経平均は11/12(水)に上髭を付けて、少しくらいは調整しても良さそうなチャート。

保有は空売りを2銘柄。
1815鉄建建設と2749JPHD。

2749JPHDは一旦利確しておきましょう。
7連続陰線で、そろそろ陽線を引きそうなので。
うまく回転させたい。

11/13(木)決算発表予定の1815鉄建建設は空売りを持続。
仮に通期の上方修正が出てもそんなに言う程は上げないでしょ。
もし上方修正が出なかったら多分売られるでしょう。

他に、8515アイフルや1805飛島建設も2Q決算発表予定。

JPHDを利確したら、こっちで勝負できるか検討。

8515アイフルは、過払金返還請求が落ち着いてきて業績は上向きでしょう。
予想では、中間期を上方修正した分くらいは通期も上方修正してくると思います。為替差益分ですね。
ただ、その程度の微妙な上方修正では、あまり買われないような気がします。
というのが、同業他社の8572アコムが冴えない動きをしているので。
8515アイフルは、通期の微妙な上方修正分くらいは、もう株価に織り込まれているように思います。売り持ち越しで取れそうです。
ただ、利息返還損失引当金の戻し入れっていう離れ業で、見た目の業績だけ良く見せる離れ技で大幅な上方修正とか、いくでも操作できそうな気がするので、あんまりギャンブルはしたくないですね。

1805飛島建設はどうでしょうか?
ここは、他の建設株に比べて日足チャートがキレイな上昇トレンド。
だからこそ、それが崩れた時の投げっぷりが面白そう。
というわけで、ここも売り。

というわけで、8515アイフルか1805飛島建設の売りで悩むけど、1805飛島建設を売りたい。

取り敢えず、自民党政権が揺れてるので、今は建設株にはマイナスでしょう。
日経平均が連日の高値。
乗れてないなぁ。
・・・まあいい。
10年後を見据えて淡々とやるのみ。

ところで、ラジオ日経って結構良いですね。
インターネットで無料で聴けるとは知りませんでした。

これなら株やりながら経済情報を仕入れられるので、時間の有効活用になりますね。

てか、無料のインターネットラジオって山ほどあるんですね。
初めて知りました。

さてさて、11/12(水)の相場はどうしましょうかね。

ギャップアップで始まるなら保有株は一旦利確。
前場のうちに押してきたらまた買いで入ろう。

寄り付き。

取り敢えず、9501東京電力を利確。
440円買い→444円売り。
逃げれて良かった。

そして建設株の好決算は、基本的に売りでぶっ叩く。
建設株はどこも上方修正を出してきますが、利益率が低いからか、あまり買い上がる動きにはなっていません。
ここは淡々と売り叩くべし。

まずは1861熊谷組。
好決算です。しかも、上方修正。
跳ねるならチャンス。
しかし、イマイチ高く寄らなかったので、売りで一歩踏み込めず躊躇。動けずにマゴマゴしてたら、やっぱり大幅に下げて行きました。
むう。。。勿体無い。。。
7%も下げました。大失敗。

仕方ないので、代わりに2749JPHDを空売り。
366円売り。
「仕方ない」なんて言いながら入ってもうまくいかない。
大して下げないです。

ふと見ると、7974任天堂が高い。
株価的に、昨日予想したのと完全に逆で、
任天堂>トヨタ>ソニーになってます。
曲がってますねぇ。。。
読者の皆様すみません。
逆指標としてご活用ください。

自分の考えと逆に動けば勝てそうです。

取り敢えず動きの鈍い6758ソニーを利確しました。
2349円買い→2382円売り。

さて、上方修正を出しても買われない建設株。
もうこれは、決算前の建設株を売るしかない。
1815鉄建建設辺りを空売りして決算発表またぎかな?
と余計なことを考えて、空売り。
・・・含み損生成。

寄りの高い所を売らずに、後場のド安値で売るんだから、馬鹿過ぎ。

1815鉄建建設。
455円売り。

そして、なぜか、この連日の上げ相場の中、裸で空売りのみのポジションになりました。

また明日も、淡々と玉の出し入れをしよう。
自分の感情と逆に動けば勝てるかなっと。
昨日の夜。

6758ソニーがやたら強いけど、何だろう?
年初来高値更新。
黒田バズーカの時の高値もいち早く超えてます。
9月に赤字転落の下方修正とか出してて終わった感がありましたが?

でも、売上が7.8兆円もあって時価総額が2兆円だと、同じ輸出企業のトヨタや任天堂とかに比べると安い感じはしますね。
利益を無視したらの話ですけど。。。

ソニー 売上7.8兆円 時価総額2兆円
トヨタ 売上26兆円 時価総額20兆円
任天堂 売上0.5兆円 時価総額1.6兆円

ちなみに営業利益は
ソニー -400億円
トヨタ 2.3兆円
任天堂 400億円

売上はそうそう簡単に変動しないけど、利益は結構変動します。

パッと見た感じ・・・任天堂は、あんまり上がる気がしないですね。

金融緩和がテーマの時は、無借金経営の株より、有利子負債が多い企業の方が株価的には良さそうです。

その点、ソニーは有利子負債が1兆円と多い。
さらに、需給面でも、貸借倍率が0.65倍と低い。僅かながら逆日歩までついている。そして、チャートは青天井。
これは、売り方踏み上げ相場が来てるのかも。
さらに言えば、ソニーは実は銀行とか保険とかの金融で結構稼いでいる。事業の比率では20%くらい。隠れ金融緩和関連銘柄。
そして海外比率は72%。円安関連銘柄。
よく見れば金融緩和関連と円安関連のコンボ銘柄だった。
赤字であることを除けば、上がる条件が揃っている。
というか、赤字であるが故に、空売りが入りやすくて、踏み上げ相場になりやすいかも。
そして、その赤字は構造改革のためのリストラ費用なので、将来のための出血。
これは・・・任天堂より有望かも。

黒田バズーカ後の動きを比較すると、11/10(月)終値時点では、
ソニーは高値更新。
トヨタは窓埋めは拒否しているが、バズーカ後は安値。
任天堂に至っては窓埋めまで下落。
ちなみに、日経平均はトヨタに近い位置。

黒田バズーカ後のチャートがこの先を暗示していると考えると、株価的に有望な順は
ソニー>トヨタ>任天堂
の順と思える。

7974任天堂は下値不安は少なそうだけど・・・1週間で5%の利益というのはなかなか難しそう。
やはり黒田バズーカ後の高値を更新した6758ソニーに乗り換えよう。

そして、朝。
まずはジョギングとシャワー。

寄り付き。予定通り、任天堂からソニーに乗り換え。

7974任天堂
12040円買い→12180円利確。

6758ソニー
2349円買い。

しかし、任天堂は売ったら上がるし、ソニーは買ったら下がる。
・・・飛び付きより押し目買いが良いのを身を持って実証した感じ。


もう1個の保有銘柄、8515アイフルは11/13(木)に2Q決算発表。
先日、10/31(金)に2Qの上方修正は既に出ているので、今の位置は折り込み済み。

しかし、その業績修正IRの中に、「通期への影響は精査中で、2Q決算発表時に報告する」と、通期の修正があるかもしれないと若干匂わせるような記載があった。
これによって、もしかしたら通期上方修正期待で2Q決算発表前に上げてくる場面があるかもしれない。
その場合は、6445蛇の目の教訓を活かして、利食いしておきたい。
ということで、479円で逃げる。
477円買い→479円売り。
なんとか逃げれた。

その次に買える銘柄は何だろう?
3632グリーか。PER12倍、PBR1.7倍は安いと思う。
スマホゲーム部門を3倍に増強っていう方針も良いと思う。
もし何か大ヒット作が生まれれば、今後、ガンホーやミクシィみたいに化けるかもしれないし、長期的に楽しみな銘柄と思う。
ただ、チャートの形にトレンドがないので、1週間に5%を狙うのが難しそう。
なので、見送り。

後場、見てたら日経平均が17000円を突破してグングン上がり出す。
日経平均は高値更新!!!

・・・ん?でも個別株はあまり動かない?
これは現物株も指数に遅れて上げて行くよね?と思って、適当に大型株を買ってみた。
ここからだと飛び付きになっちゃうから、せめて高値でしばらく揉み合ってる株ということで、9501東京電力。

440円買い。しかし、ちっとも動かない。
なんだこの動き?全然日経平均の上げに反応しない。
よく分からない。。。

この買いは失敗だったか。。。

どうも、他の個別株もあまり上がってない様子。
指数だけが大幅高?
これは難解。。。

明日、どうなっちゃうんだろう?
消費税増税が先送りなら解散という報道が出ています。

シナリオが崩れたからロスカットするような感じ?

でも、解散総選挙したところで、民主党で日本が良くならないのは前回の政権で実証済だから、結局自民党ってことになるんだろうけど、それならやるだけ時間と労力と税金の無駄遣いに思えます。

もし、消費税を8%から10%に上げるのではなく、8%から5%に下げたらサプライズだろうなぁ。
というか、そんなことをしたら、迷走してると見られて逆効果か?


さて、株。
何が起きても冷静に。

6445蛇の目。
2Q決算が普通だったので、朝は好決算を期待した人の売りで当然のように大きくギャップダウンで始まる。

そうだよね。。。
普通の決算だと売られるというリスクを軽く見過ぎていました。

で、問題はそこから。
寄り付いた後、上に行くのか下に行くのか?
受給関係は、日証金の貸借比率が1.2倍でほぼ拮抗。

投げが一巡したら、売り買い拮抗。
そこからはチャートに従って判断するのが妥当。

まずは日経平均の確認。
11/4(火)に空けた窓を11/7(金)になっても埋めない展開。
全体相場は強いと見るべきなんでしょう。
空売り比率も依然として30%キープ。
騰落レシオもまだ100より下。
NYダウは上値追い。
日銀による直接的な下支え。
取り敢えず株価を上げるのが国策。
しばらくの間は上向きと見るのが自然。
一緒になって踊るしかない。

6445蛇の目のチャートの確認。
日足一目均衡表の抵抗帯が166円位置。
9月後半からの、上向きの三角持ち合いの下限が172円ほど。

上向きの相場の中、高値更新も見えそうな位置で一時的に安くなるなら、チャート的には勇気を持って買いにいくポイントに見える。

172円は割り込んで来そうだが、166円を割らないようなら買い持続でいいと考える。

しかし、値動きを見てると166円を割り込む。。。
エントリー時の損切り予定価格164円にタッチしたので、仕方なく投げ。

いいポイントで買ったと浮かれていたポジションが、結局ロスカット。

171円買い→164円損切り。
前場のド安値。またもやピンポイント。
波乗り下手。
損切りも板を見ながらやると、ピンポイントの安値で叩き売ってしまう。

でも一応、エントリー時の予定通り・・・ではある。

4763C&R社も弱々しい値動き。
期待薄の値動き。
一旦スッキリして、ニュートラルな目線に戻りたいので、ついでに投げ。
766円買い→762円損切り。

ロスカットの嵐。ボコボコに負けた。
ノーポジに。

さて・・・ニュートラルな目線に戻った。
うむ。上向き相場に置いて行かれてはならぬ。
何か買わないと。

見回すと、6143ソディックが節目付近まで上がってきている。節目で待ち伏せにはうってこい。これは空売りチャンス!
先行スパン下の直前、1279円で空売りの指値を入れて、しばらく観察。
しばらくの間、猛烈に強い動きの板を見ていると「今は買うべき相場では?裸で空売りしていいのか・・・?」と不安になってきてしまい、注文取り消し。

その後、6143ソディックは、1286円の高値を付けた後、急速に下げて行きました。
ああ・・・やっぱり。。。アホですね。。。
やはり恐怖に立ち向かえない奴は利益を取ることは出来ないようです。

結局、待ち伏せのつもりが板を見て右往左往しています。
早く板を見て狼狽する弱点を克服しないと。

そして、次に、買うならやはり円安の恩恵を受ける会社と考える。

海外売上比率に注目して買える銘柄を探す。

下値不安の少ない銘柄ということで、目をつけたのが7974任天堂。
海外売上比率は69%。
2Qの営業利益は依然として赤字だが、四季報予想より上ブレして着地。
通期の営業利益の黒字転換が見えてきました。
値動きが地味ですが・・・ここなら勝率は良さそうです。

7974任天堂。
12040円買い。

あと、チャートが上向きの9501東京電力を買い。
しかし、買ってすぐに、「これは待ち伏せではなくルールに反するポジションだ」と気付き、成り行きで投げました。
たまたま1ティックの利益になりましたが、最低の売買でした。

9501東京電力。
441円買い→442円売り。

次に、チャートがとても気になる8515アイフルを買い。

一目均衡表を見ると、月足も週足も抵抗帯の上に顔を出しています。
そして、1時間足もすぐ下に抵抗帯があります。
もし、この1時間足の抵抗帯に押し上げられると、15分足も日足も抵抗帯の上にひょっこり出て来そうな位置。

ここ数日の値動きも、日足の窓を埋めずに、イイ感じに日柄をこなしているように見えます。
金融緩和関連というテーマに乗っていて、もし空売りしたら無限にやられそうな気がするので、買ってみました。

8515アイフル。
477円買い。

しかし含み損です。

今日は、絶好の節目があったにも関わらず、6143ソディックの動きに狼狽したのがダメ過ぎました。

下手すぎてクラクラする。

胃が痛い1日でした。

ふぅ。。。

ここで、また基本に立ち返る。
8割方勝てると思えるポイントで待ち伏せエントリーして6勝4敗の成績を残す。
週に1回5%を取る作業を6勝4敗で10年続けて10年後の成功を掴む。
勝てると思って入っても10回に4回は負けるんだから、損切りは躊躇なく。

現在のポジションは
7974任天堂 12040円買い。円安関連。
8515アイフル 477円買い。金融緩和関連。

円安関連と金融緩和関連。テーマとしては悪くない。

押し目を形成している株なので、飛び乗ったつもりは無いんですが、「何か買わないと」と思って、やや無理矢理買った感があります。
これらが1週間で5%の値動きの取れるポジションかというと・・・どうだろう?
ちょっと夜中に再考してみます。
麻生大臣の言ってること、ホントなのかなぁ?
「来年の景気が今年より悪くなるとみる人は、学者・経営者含めて1人もいない」って。

日銀がどんどんお金を刷って、どんどん株とREITを買い支えるから?

ホントなら買うしかないですねぇ。

先日、認可を受けた再生可能エネルギーが7000万キロワットって書いたけど、そのうち稼働済みの設備は、895万キロワットとか。
残りはどこいったの?まだ建設中?
どういうこと?
と思ってググってみたら、しっかり分析してる人がいた。さすが。
どうやら、認可だけ貰ってしまえば、後は太陽光パネルの値段が下がれば下がるほど投資額が減って儲かるから、先に認可だけ貰って投資時期を遅らせてるとか。
そんなの、ありなんだ。。。

さて株。

今日もスマートに売買しようと思っていましたが、上手く立ち回れませんでした。

青写真としては、NYダウが堅調だったので朝の高い所で保有株をどちらか利確して、10時を目処に8515アイフルの日足の一目均衡表の雲の下限辺りまで安くなったところを拾う。
そして、デイトレでアイフルを利確したら、次に節目にいる株を狙う。

という感じを想定してました。

しかし、寄りで保有株を利確する勇気が出ず、少し高い位置に指値を入れてしまい、売れず。

保有株は、そこから下げていきました。

下げていったので、売るべきポイントでは無くなってしまい、何もできず。
利食い千人力だったのかぁ。。。

そして、8515アイフルは10時を過ぎると急速に上げ始めました。
・・・しょうがない。
追いかけて飛び付くと火傷するので、何もしない。

予定していた行動を取れなかったので、ここから無理に動いても右往左往するだけ。
結局、今日も何もしませんでした。

別に悪い決算は飛び出さないだろうと思って保有の6445蛇の目は放置。

引け後に出た決算は、とても普通。会社計画は順調に消化しているから悪くはないけど、特にサプライズも無し。

んー。この株価位置だと期待が先行してたっぽいので、売られそうです。
しかし、空売りしやすい決算内容と株価位置ということで、一旦ギャップダウンで寄った後、「ん?思ったほど下がらないぞ?」となって、短期の空売りが買い戻しに来て上昇って感じになるのかな?
よく分からん。
トレンドを変えるような内容には見えないですけど、買値まで下がったら投げる逆指値だけ入れておきましょうか?
・・・いや、それだと下髭で売らされて悔しがる姿が目に見えるので、前場のうちは様子を見て、それから判断してみましょう。

取り敢えず、昨日大きく上昇した時点で利食いするのが正解だったみたいです。
それだけは確か。

次、頑張ろう。
原油価格がニュースになってましたね。
サウジアラビアの国営石油会社のサウジアラムコが、米国向けの原油価格を値下げして、アジアと欧州向けを値上げとか。

米国のシェールガス・オイル潰し狙いだそうですが、やる事が露骨でエグい。
アジア・欧州向けを値上げしてまで米国向けを下げるんだから。

サウジアラムコというと、個人的に懐かしい響き。
というのも、昔、サラリーマンしてた頃、サウジアラムコさんは莫大な資金を持ってる重要顧客でした。
「やる事が露骨でエグい」なんてとても書けるお相手ではなかったんですね。
このエグい活動に、自分も末端で加担してたことになるんですかね?
今は関係無いですけど。

あと、例のSM大臣・・・。
川内(せんだい)原発を視察して訓示した時に「かわうち」原発と読み間違えたとか。今話題の原発に自分で足を運んで訓示してる時に読み間違えるかなぁ?

これまたサラリーマン時代ですが、原発関係の仕事もしてたんですけど、経産省の決めた法律ってのは、原発関連の従事者にとっては絶対に守らないといけない聖書のようなもので、自分も何度も何度も読み込んでました。経産省のお役人方というと、お客様である電力会社のさらに上にいる存在なわけです。
自分からすれば、日々絶対服従している先輩や上司がペコペコするお客様がさらにペコペコするお役人。経済産業大臣というと、さらにその上のトップの人なので、もうその世界を創造した神のような存在ですね。
その神のような人が川内原発すら読めないわけです。
そして、そういう人達を崇めつつ、せっせと働いて納めた税金で、お役人がSMバーに行くわけですね。
・・・アホらし過ぎて我々のような末端の庶民のヤル気が無くなります。
ま、これも今は関係無いですけど。

最近の政治家のゴタゴタを見てると、もしかして政治家ってアホでもなれるのか?と錯覚してしまいます。
実は、トップに君臨する人も、金持ちと権力者に意のままに操られてその下の下の下の下の方で働く人達も、能力的には地位ほどの差は無いんだと思います。
だからこそ、世の中、若いうちに本気で努力して上の方に行くことが大事なんですね。
ただまぁ、大臣は実際は東大卒の秀才らしいので、そんなアホなミスをしてしまうぐらい、とてつもなく忙しく働いているということなのかもしれないですけどね。
とはいえ、この読み間違えは当事者意識が無さ過ぎると言われてもしょうがないと思います。

ついでにサラリーマンネタで気になったのが三菱重工の客船巨額損失のニュース。
海外の企業から受注した推定1000億円の客船製造で1000億円の損が出るとか。
昔、設計してたことがあるのでちょっと舞台裏を想像。
完全に想像の世界ですけど、これは設計者はホントに大変だろうなぁと思う。
過去に同じ設計がない1番船。この場合、英語(イタリア語?)で書かれた仕様書の読み込みから始まる。膨大な仕様書を来る日も来る日も残業して必死になって読んで、不明点は相手側の技術者とメールや国際電話でやりとり。お客もイタリアの企業なので、英語が完璧というわけでもなく、自分も慣れない英語で意思疎通に苦労しながら、やっと設計・製造へ。
こういう前例がなくて、言葉の壁まである仕事はホントに大変。
そして、設計より上流の仕事をしている、受注したり契約したりする営業部隊は、設計者ほど中身を分かってないのに受注という成果だけは早く取りたいので、細かい部分は曖昧なまま契約してしまう。
そういうところでお客との意思疎通にズレが生じて、実際に作ったものをお客に見てもらったら・・・「仕様と違うから作り直せ!」
激怒してます。マジですか。。。
お客に怒られ、設計し直して、社内の製造現場へ作り直しを依頼すると、「なんだよ!また作り直しかよ!?しっかりしろよ!こっちも暇じゃないんだよ!」と現場作業者からもつつかれる。
そして、地獄の残業の日々再び。
そして、それだけ苦労して、誰よりも沢山働いても「ああ、あの大赤字の足引っ張ってる部隊ね」と社内で後ろ指をさされる。
お客、製造現場、第三者、みんな敵。みたいな。
うー、怖い。。。
ま、これまた今は関係無いけど。


さて株。
3日間窓埋めをしなかったら買いということで、先日4564OTSが大幅高した時に、空売りで焼かれました。
これと同じ事がもしかしたら8515アイフルでも起こるかもしれない。
11/6(木)のアイフルの動きに注目してみる。
金融緩和のテーマにも乗っている。取り敢えず窓埋め位置で待ち伏せして、引けまで待って窓埋めしなかったら買ってみるか?
もしも負けた時の値幅が大きいかもしれないが、今は何でもかんでも上がる相場になっちゃってると思うので、勝負してみる価値はある。

と、思いつつ、相場に臨む。
今日も寄り付き前のジョギングとシャワーから。
さて、寄り付き。
見てると8515アイフルは随分と高値で寄る。
どうせ寄り天でしょ。と思ってたらやっぱりズルズル下げ。
ポジションが無いのでニュートラルな目線で見れる。

場中に、1ドル115円突破。
んー、すごい。異次元の世界だ。

ボーッと見てたら、昨日買った6445蛇の目が大幅高。年初来安値の193円も一気に射程圏内になってきました。
良いタイミングで買ったもんです。
1日でこの成果ならさっさと売っていいのですが・・・決算持ち越しが怖いわけでもないので放置。

6445蛇の目と同じ11/7(金)に決算発表の6143ソディックも大きく上がっているので、円安進行による決算期待で上がってるということでしょうね。

予定では4763 C&R社を利確したら、引けで8515アイフルを買おと思ってたんですが、C&R社が思いのほか弱くて売れなかったので、何もせずに眺めてただけになりました。

色々書いたけど、結局、やったのはバイリンガール英会話だけでした。

では、また明日。
2012年に始まった再生可能エネルギーの固定価格買取制度で国が今年5月までに認可した設備容量が7000万キロワットとか、どっかに書いてました。
原発70基分!?
天候に左右される不安定な電源が?

驚きの数字。

そりゃ電力会社も買取拒否しますわね。

さて株。
恒例の、寄り付き前のジョギングとシャワーからスタート。
体調万全。

今日も焦らず、淡々と玉の出し入れ。
先日、日経平均が16300円辺りの高値を一気に超えてきたので、買い主体で行く。
飛び付くと刈られるので、上昇トレンド銘柄の押し目を拾う方針は変わらない。

今日は昨日拾った株を握って眺める日。
もし、うまく利確できた時のために次の投資先を探す。

1929日特建設は寄り天もあり得ると考えて、安全策で寄り付きで利確しておく。
599円買い→564円利確。
その後も続伸して逃げられました。

その資金で4901富士フィルムを買おうと計画していたので急いで発注するも、ほんの数秒差で上に逃げられ、買えず。
まあいい。損したわけじゃないので無理に追いかけない。
スマートに行く。次に正しく立ち回ればいい。

4901富士フィルムに逃げられたので、その次を探す。

上昇トレンド銘柄で押し目を形成しているものを買い。
6445蛇の目 171円買い。

2Q決算発表前で勝負したくない人が売ってるのか、朝から弱い動き。
でも、1Qは好調だったみたいだし、海外比率が70%と高く、北米や欧州を相手に商売してるので、円安の恩恵を受ける会社。
2Q決算が悪い事は考えにくい。
さらに、下には日足の一目均衡表の抵抗帯が下値を支えている形。

ただ、ここから上は9月後半の盛り上がった時期の出来高が多い価格帯なので、上値が重いのが難点。


ふと振り返って見ると、不動産や225採用銘柄など、火曜日、週明けの寄りが高くてそこからズルズル下げている銘柄が多い。

安易な売りは危険だと思って封印したが、短期的にはあそこで売った人が勝ってるわけだ。
自分も8515アイフルを売りたいのをグッと我慢したが、結果的には我慢しなくても良かったのかもしれない。
まあ、売り方が一番ぶん投げたくなるポイントだったので、当然の値動きではあります。
株式投資の利益は恐怖の代償というやつですね。

しかし、こうやって調整してくれないと押し目買いをする機会もないので、これはこれで望ましい動きとも言える。

押し目を丁寧に拾っていきたいと思う。

6445蛇の目を拾った後は、特にやる事も無いので、恒例のバイリンガール英会話。
毎日観てたら、だんだんファンになりつつあります。

昼からはジム。

生活リズムと相場のリズムの波長が合ってきました。
やはり、人間、本気にならないとダメみたいです。

明日も頑張ります。
マルチディスプレイの解像度がうまく設定出来なくて、ドライバを更新してみたり、1時間以上悪戦苦闘。

何のことはない、USB3.0用のマルチディスプレイアダプターをUSB2.0のポートに差していたのが原因でした。

USB2.0とUSB3.0のポートが2種類ついてたとは知らなかった。

でもこれで、マルチディスプレイの設定も完了。
以前よりグッとトレード環境が良くなりました。


さて株。

皆が注目する日なので、売買ツールの動きが非常に遅い。
デイトレーダーはイライラしそうな相場ですね。

8515アイフルのS高気配を見て、空売りしたい気持ちが出ましたが、こういう相場環境が変わって水準訂正をするような動きに逆らったら酷い目に遭うのは知っているし、雰囲気で売買して勝った試しがないので当然やめておきました。
ルール厳守です。
もう、一度たりともルール違反はしない。
この瞬間だけは自分との闘いに勝利しましたね。

ちなみに、その後のアイフルの動きは510円で寄りついて、上下に振れて終値は508円。
まあ突撃してたら、ルール無視なので、狼狽して上髭部分でカットさせられてたんだと思います。

その他の銘柄の動きは、前場の始めの方だけ見てると、日経平均が17000円を突破して、指数が恐ろしく上がってる割に、個別はそれほど反応していない相場に見えました。
「んー、金融緩和っていうテーマに乗ってない株は蚊帳の外なんてこともあるのかな?」と思ってたら徐々に新興株なども買われ出す展開に。

とりあえず、昨日立てた予定通り、上昇トレンドの銘柄で今回の上げに反応していないものを買っていくという方針のもと、2銘柄買っておきました。
4763 C&R社 766円買い。
1929 日特建設 559円買い。
ただ、1929日特建設は買ってからズルズルと下げる動き。

しかし、慌ててカットしない。
金融緩和関連と、225採用銘柄の動きが落ち着いたら循環物色されるだろうと思って放置。

「自分は職業としてやっているんだ」と心を入れ替えて、売買ノートを付けて計画を立ててから相場に望んでいるので、アタフタしないです。

誰と競ってるわけでもない。
自分との闘いに勝ちさえすれば成功者になれると思っているので、周りが盛り上がってても焦らないです。

買った後は、バイリンガール英会話を観て自己啓発。
楽しく学べる英会話っていいですねー。

終わってみると、日経平均は寄り天ぽい値動きで終了。
ただし、大幅高ではあります。

買った2銘柄は4763C&R社が含み益で、1929日特建設が含み損。

1929日特建設は引け後に上方修正が出てます。
ただ、他の建設株はどこも上方修正を出しては出尽くし売りで売られているので、明日の値動きは特に期待出来ないですね。
なんだかCME日経平均先物が17190円とかになって、ドル円も113円後半まで行って、凄いことになってますなー。

まあ、どう動いてもいいや。
その中で週1回5%取れるチャンスだけを探せれば、何でもいい。

さて、日経平均の確認

日足
出来高を伴って一目均衡表の抵抗帯を上に抜けました。
週足も強い。青天井の位置。

NYダウの確認
こちらも日経平均と同様で青天井。

年末年始は強いアノマリーもある。

空売りで流れに逆らったら死ぬパターン。

追加金融緩和でマネー膨張。
庶民の生活は楽にならないけど、株を持ってる人だけは得する流れ。
そんな中、流れに逆らって株で空売りして損してたら、庶民よりさらに下のドン底組。

だからといって、買いで飛び乗ったら日々の振幅で刈り取られる。
前回の高値更新時に買いで飛び乗ったら、そこが頂点で、下落の流れにキレイに乗って大損しました。
ド下手だから、飛び乗るのはやめる。

じゃあどうすればいい?

上昇トレンドを継続している銘柄でありながら、今回の急騰であまり反応していないものを拾う。
指数が上に突き抜ける中、逆行してトレンドを変えてまで下げていくのは考えにくいので、この方法がリスクが少なそう。

具体的には、マザーズ指数があまり上がってないので、上昇トレンドの新興株や個人に人気の銘柄の押し目を丁寧に拾う。

これでいくのがベストかな。

上昇トレンドでありながら、かつ押し目を形成している銘柄を探そう。

どうしても見つからなければ、次善の策として

②上げ上げの株に空売りを仕掛けたら死ぬので、下落トレンドの株に注目。全体相場の上昇につられて、抵抗帯まで上がっちゃった所を売りで仕掛ける。ただ、今まで下げトレンドかと思っていた不動産も一気に上に跳ねたので、空売りは危険が大きい。短期勝負。もし、抵抗帯を抜けるなら迷わずロスカット。

そして最も大事なのは、何度も書きますが、「ルールを守ること。」
8割方勝てると思えるポイントのみで仕掛けること。それでやっと6勝4敗。そのポイントが来なければ何もしない。
週に1回、5%を取りに行くだけでいい。

自分の場合はですけど、自分の想定ってのは、大体自分に都合のいいように考えてしまう。

サラリーマン時代は、
「この仕事は半日あれば終わりそう。」と思っても、大体倍の1日くらいかかりました。
なので、毎日毎日慢性的に残業でした。
妙なとこだけポジティブシンキング。

相場でも同じ。
「ここなら8割方勝てる!」と思っても実際の勝率は6勝4敗くらい。
五分五分だと思って仕掛けていたら慢性的に負ける。

つまり、8割方勝てる、と感じるポイントで以外では仕掛けてはいけないということになります。

飛びつき買いも、安易な空売りもダメ。
しっかり準備をして、慎重にチャンスを待つこと。
新しいパソコンが届き、取り敢えず株の売買ができる態勢は整いました。
ただ・・・マルチディスプレイ用変換ケーブルを、出力端子をよく確認せずに買ってしまって使えない。。。
販売店さんには申し訳ないけど、返品して別のを購入。
アクティブなデイトレーダーではないので、モニタは当面2枚あれば十分でしょう。


最近、「エンゼルバンク」っていう漫画を読んでます。
転職や働き方を題材にした漫画。
同じ作者の「ドラゴン桜」や「インベスターZ」にも良いフレーズが出てきますが、この「エンゼルバンク」もなかなか良いです。

例えば
・人はね・・・本気で困らないと解決のために努力できないんだよ
・世の中の解決していない問題の多くは解決不可能だからではなく誰も「本気で」解決しようと思ってないから。本気で取り組めばたいていのことは解決できるんだよ。

その通りですよね。

会社をやめて、遊んでばかりの生活をしてたら、トレードが疎かに。

でも、別に何度負けても遊んでばかりの生活スタイルが崩れるわけではなかったので、特に努力せずにダラダラ過ごす。

そして、トドメの一撃を喰らって、ようやく目が覚めました。

サラリーマンだと、困っても組織や周りが助けてくれて、なんとかなってしまう。死ぬ事ような事はまずないです。

自分みたいな本気で困らないと努力できない弱い人間は、サラリーマンをやってたら、一生を努力できない凡人のダメ社員のままで終わる事でしょう。

一方、トレーダーってのは当然、努力しないとダイレクトに結果が跳ね返ってくる世界。確実に自分が困る。最悪、死にます。
そういう意味で、努力するしかない。逆に言うと、自分みたいな意思の弱い人間でも努力できる良い職業だと思います。
そして、サラリーマンと違って、努力すればする程、報酬として返ってきます。

これからは本気で努力してプロの相場師として成功者を目指します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。