2005年4月から投資スタート。 2013年サラリーマンから主夫に転身後、全く勝てなくなる。2014年10月30日、意識改革し、ルール無視は一切しないプロ相場師としての活動を開始。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
は!?
なにこの上げ!?

いや、まてまてプロ相場師なんだから冷静に。
まずは深呼吸。
雰囲気で売買するのはやめたんだ。
今夜考えて売買ノートを書いて計画を立ててから。

日経平均が755円高、終値16413円で一気に年初来高値を更新。
売り方大虐殺相場。
8515アイフルとか8802三菱地所とか売り目線で監視してた銘柄もS高とか。
もし、売建玉を持ってたら目ん玉飛び出るところでした。

10月頃は弱いというアノマリーで14300円辺りまで大幅に下げたかと思ったら、結局は高値更新して10月終了ですか。
相場に絶対はない。気を引き締めましょう。

ただ、マザーズはそんなに上がっていない。

さて、どうするか。
過去の失敗経験を武器に、前だけを向いていく。
下落トレンドの株がつられて上がってたら売り叩く感じでしょうか。
それとも、年末年始は強いというアノマリーに従って、上昇トレンド銘柄の押し目を拾うべきでしょうか。

取り敢えず、6143、4564が万一アホみたいに噴いたら売りで入る。
噴かなければ何もしない。
あとは、トレンドに乗った株の押し目探し。
今は押し目待ちに押し目無しの一方通行相場ではないと思うので、丁寧に押し目を拾う。
そうしないと、方向性が間違っていなくても、日々の波で刈られます。

4564OTSで見事に刈られたので、もう同じ失敗はしない。

全体相場の確認。
騰落レシオの過熱感の無さ
空売り比率の高さ
GPIF運用比率引き上げ
追加金融緩和
年末年始は高いというアノマリー

上げる条件が整っているようです。

強い展開が続く感じでしょうか。

ただ、7-9月期GDPやら、これから弱い材料も出てくるでしょうから、一本調子の上昇とはいかない気がします。
そして、年始の御祝儀相場を終えたら天井。
消費税増税も決定して消費のさらなる落ち込み。

来年から日本株は売りの時代へ。

となるのかな。

取り敢えず、部屋の片付けと改造、新しいパソコンの設定、新規のチャンス探し、地域のイベント等、3連休を有意義に過ごそうと思います。
スポンサーサイト
プロ相場師に生まれ変わったので、昨日、売買ノートを書きました。
これを書くだけで、考えが形になって残るので、ルール違反をしないぞという意識がグッと高まります。
ギャンブルではなく、職業としてやっている実感も沸きます。

これまでの自分とは決別。
ルール無視は一切ダメ。たった1回でもダメ。
たとえどんな相場でも例外を作らない。
プロなのでルールの範囲中で立ち回る。

6079エナリス。
特売りS安気配からスタート。

こういうときの受給関係は、以下の通り。

現物ホルダー:固まって何も出来ない
信用買いホルダー:投げるしかない
その他イナゴ:参加したい

故に、信用買いホルダーの投げ売りが終わったら、短期的には反発します。
中長期のことは知りません。

そして、昨日、売買ノートに書いた通りに買いに行きます。

6079エナリス
550円買い→609円売り
プロ最初の取引は約11%取れました。

勝負どころと思っても、もう一切の例外無くルール無視はしないです。

生まれ変わって、大きいレバレッジをかけないプロ相場師になったので、金額的には大した利益にはなっていません。

でもいいんです。

8割方勝てると思えるポイントでエントリーして6勝4敗の成績を残す。
勝てると思って入っても4回は負けるんだから損切りは躊躇なく行う。
週に1回5%取る作業を6勝4敗で10年続けて成功者になります。

今日はもう無駄打ちはしないで、掃除と自己啓発に励みます。

では。
心機一転、散髪してスッキリ。

帰りにジムにも寄ってきました。

パソコンも無いので、株の売買は無しです。

相場の状況。
109円に円安が進み、日経平均は上昇も、マザーズは下落。

4564 OTSは16%の大幅安ですか。
昨日、空売りを刈り取られた後にはあまり見たくない値動きですね。
でもまあ、昨日までと違って今日からはプロ相場師として生まれ変わりました。今日から俺はの主人公です。
こんなものに冷静さを奪われたりはしません。

7708石山ゲートウェイ粉飾疑惑で強制調査。売買停止で売り気配。
石山ゲートウェイの取引先であるテクノラボが6079エナリスの取引先だったということで、6079エナリスまでも特売りストップ安ですか。
ふむ。
運悪く張り付けられた方、ご愁傷様です。
こういう爆弾を喰らわないようにする為に、手数を少なくして何もしないようにするのは大切な事です。
レバレッジをかけるのも自殺行為です。

振り返ってみると、サラリーマン時代に勝ち続けていたのは、忙しかったから、ルール違反の無駄打ちトレードをする暇が無かったんですね。

そして、仕事中は場を見ることが出来ないので、必然的に有利なポイントで待ち伏せ売買することになっていました。

つまり、生活スタイルが勝てる条件になっていたわけです。

忙しすぎて株価のチェックも出来ずに損切りが遅れたり、出張中に気付いたらエライ含み損になってたとか、不利なこともありましたが。

なので、今の生活スタイルを株で勝てる条件にチューニングしていくことが大事だと考えています。

そんなのはとっくの昔、仕事を辞める前から気付いていたので対策すれば良かったのですが、自分は弱い人間なので実際に資産を失わないと動き出せないようです。
今回、ついに目か覚めました。

もう、仕事もしていないので、遮るものは何もない。
己との戦いのみです。

「己に勝つ」を座右の銘に、日々精進します。

プロ相場師が書く話ではないですが、今日はスーパーでバナナが5本で50円でした。
昼飯を抜いたのでメチャ旨い。
遠くフィリピンで永い月日をかけて生産され、はるばる運ばれてきて日本の店先に並んだ、このメチャ旨いものが1本10円ですかと思うと、モノの価値がよく分からなくなります。
フィリピンまで行って現地で食べようと思ったら、一体いくらかかるのか?

あと、相場だけではなく、掃除も下手なので、なかなか部屋が片付きません。

プロなんだからシャキシャキやらないと。
今日から、職業としてトレードをするプロの相場師として活動を始めたいと思います。

延々と負け続けて、世界で最もトレードに向いていない人間だという事を自覚しました。
そんな世界一の下手クソが、これから10年かけて、トレードで成功を掴む物語が今日から始まります。


さて、仮に待っていた仕掛けポイントがきたとします。「ここで仕掛ければ8割方勝てる」と思って入っても、経験上、結果は6勝4敗というところでしょう。
ただ、これを延々と続けていけば、最終的には勝っていけるわけです。
ただし、負ける金額が勝つ金額を超えてはいけません。6勝4敗を続ける限り、勝つ金額と同じ額だけ負けてもいいんです。つまり、「絶好のエントリーポイント。ここなら勝つに違いないと思って正しく入っても10回やれば4回は負けるんだから、淡々と負けを認めて損切りを実行して良い」ということになります。
そして、絶対にやってはいけないことが、ルールを無視してエントリーすることです。
ルールを無視してエントリーすると、冷静でいられなくなるので100%負けます。
10回に1回でもそういう事をすると、他の9回を真面目にやっても5勝5敗で手数料負けとなります。「たったの1回で」です。
10回に2回のペースでやろうもんなら、4勝6敗で完全に負け組です。
これまでの自分は2回に1回くらいギャンブルトレードをしていたと思います。
そうすると、1勝9敗になります。
理論的に負けるのは当たり前です。

2年間も負け続けたのはこういうことですね。
ギャンブル依存症の単なるアホです。

8割方勝てると感じるポイントのみ、待ち伏せする形で仕掛ける。
勝つ金額以上にならないよう、淡々と損切りを実行する。

これで、正しく10回やれば2回分が利益になります。
仮に、週に1回のトレードペースで、2ヶ月間で10回トレードして、資金の5%の利益を取れたとすると、1ヶ月に5%ずつ資金が増えます。すると、複利の効果で資金は1年で1.8倍。10年で349倍となります。
これを10年間休まずに続ければ成功者です。

絶対にルール無視はしてはいけない。たった1回魔がさすのもダメです。

さて、これを実行するにはどうすればいいか?

自己規律です。

チャンスをジッと待ちながら、週に1回のトレードペースにしようとすると、毎日相場をチェックしてチャンスが無いか調査する必要があります。サボったりスマホでゲームしてる場合ではありません。

まず、自分の場合、ダラけた性格と生活習慣を見直すところから始める必要があります。

まず、部屋が汚すぎです。
整理整頓が、デキる男の基本。
日々、掃除をします。

そして、マーケットが始まる前にジョギング。
これで全身に血を廻らせ、ベストな身体のコンディションとやる気を装填します。

シャワーを浴びてリフレッシュ。

次に、焦らずチャンス待ちです。
待ちながら、家族のため、自分への投資のため、チャンスがないか調査するために時間を使います。

今日は、ネットでパソコン、ディスプレイ、マルチディスプレイ用ケーブルの3点を購入しました。
多分、連休中に届くと思います。

次は、相場に使うノートを買いに行こうと思います。

なんとなくやるからルールを無視して入って負けることになる。

今後はプロとして、職業としてやるので、エントリー位置、利確位置、損切り位置を決めて、ノートに書いてから仕掛けたいと思います。
待ち伏せなので空振りが多くなるでしょうが、それは仕方ない。

ではまた。
部屋を片付け始めると、興味深い本に出会うことって多いですよね。

片付け、断捨離はちょっと明日に伸ばして、読書。

「相場で負けた時に読む本」より引用

「感情を封印せよ」
その通りです。
感情に任せて大きくギャンブルして死にました。

「謙虚に臨め」
はい。私はスマートトレーダーに生まれ変わりました。相場に絶対は無いので、フルレバレッジなんてもってのほか。常に謙虚に学ぶ姿勢で臨みます。

「欲を持つな」
そうですよね。欲を封印するために、お金ではなくポイントを貯めるゲームと思ってやることにします。相場のゲームができるんだから、無駄なスマホゲームは全て削除しました。
相場ゲームのポイントを減らさないよう、節目でエントリーし、前もって計画した通りの利食いと損切りを心がけます。

「スリルを求めるな」
はい。どうやらギャンブル依存症でした。待ち伏せして、来なければ何もしない大人の対応をします。
感情を剥き出しにして右往左往せず、静かに淡々と玉の出し入れをします。
何が起きても深呼吸して静かな心で臨みます。

「やらない勇気を持て」
その通りですね。
待ち伏せして来なければ何もしない、スマートな大人の対応をします。
手数は少なく、ヒットアンドアウェイ。勝てるときだけ参加すればいいんです。ミスをしないで永く続けていれば、結果的に勝っているっていうゲームでしょうから。

「有頂天になるな」
はい。何度か連続で利確できたからといって安易にルールを無視して入ることのないよう、自己規律を徹底します。
ルール無視は百害あって一利無し。

「無心で決断しろ」
はい。計画していた損切りポイントに来た時、含み損が増えそうだと分析できた時、やるべきことは損切りで、様子を見ることではないですね。
やるべき事をやらないで遅らせた結果、損失が何倍にもなった経験はもう何度も積みました。これ以上の失敗経験は必要ないでしょう。
芸術的な損切りをしてブログに「ここでロスカットして何ポイント負けた」と淡々と報告できるようなスマートな売買を心がけます。

「仕掛ける前によく考えろ」
勝つ金額よりも負ける金額が大きいトレーダーは漠然とした計画しか立てていない。損切りの計画がいざ現実になろうとしているとき、損失額を現実に認めることができない。それは計画が漠然だから。
何もすることができない"お祈り地蔵"になってはいけない。
負けを認める損切りポイントも仕掛ける前に計画的に決めておくこと。
そして、計画通り実行すること。

「規律に従え」
もうホント、その通りです。
規律を破ると資産が減るだけでなく、減った時の自己嫌悪とストレスがヒドイことになります。
穏やかにスマートに相場に臨むためには、ルールは厳守。これは鉄則ですよね。

さてと、片付けは終わってないけれど、昨日ストレスで眠れなかったこともあるので、今日のところはもう寝ます。
トレードで規律を守るには、日頃から規則正しい生活、約束を守るクセなど、自らをルールを守れる体質にしておく事も必要かと思いますので。

ピカピカの1年生。
前を向いていきますよ。
しかし、頭に血が上ってルールを無視してフルレバレッジをかけてしまった時に限って、狙い撃ちしたように前場の寄り付き直前にパソコンが壊れて、さらに1日で26%も株価がポジションと逆に動くもんなんですね。

恐らくこれは、
「全てを失わないとコイツは反省しないだろう」という、相場の神様の強烈なメッセージだったんでしょう。

終わったことは仕方ない。

さすがにこれは目が覚めました。

2年近くもの間、ダラダラ負け続けたのに適切な対策をうたなかった自分が悪い。

スマートトレーダー1年生の始まり。

兎に角、パソコンも無いのでこの際、全てをリセットするところから。

まず、手始めに、スマホに入っているゲームを全て削除しました。
永く育てたやつも関係なし。

もう、こんなので遊んでる場合ではない。

リセットです。

待ち伏せする時の時間潰しは、スマホゲームではなく、もっと有効に使う。
具体的には、家事、読書、勉強、バイリンガール英会話、録画した番組視聴、筋トレ、ジョギングなど。
家族のため、自分への投資のために使います。

そして、次は部屋を掃除。
断捨離です。

明日の散髪の予約も入れました。

さらに、今日、驚くほど減った証券口座からパソコン調達用の20万円を出金。

さあ、次は新しいパソコンの調達だ。

トレードできるようになるまでは時間がかかりそうですが、明日、市場調査してみます。


トレードルールは、アホな自分でも無視しないように工夫する必要があるので、明日以降ブラッシュアップしたいが、とりあえずメモ。

「スマートに」
ルール厳守
フルレバ禁止。半分まで。
板を見ての売買禁止
スキャルピング禁止
チャートの節目待ち伏せのみ
来なければ何もしない
それがスマートな大人の対応

ルール無視はストレスの元
100%負ける

常に見れるように、机の上と、スマホのロック画面にも書いておきました。
少し古くて火曜日の話ですが、また・・・板を見てたらアホみたいな売買をしてしまいました。

見ててもどうもチャンスが来ないので、
「うーん、暇だ。これは動いてる株にスキャルピングで入るしかない!」
と、アホなことを考えて安易に入ってしまいました。

売りで待ち伏せと考えていたのに、ド高値で飛び付き買い。
しかも、ワンティックですぐ降りるからとフルレバレッジで入ってしまいました。
2重にルール違反。

なんでこんなバカなことを。。。
なんでこんなに成長できないんだろう。。。
ギャンブル依存症なのか。

買ったが最後、そこが天井。

9501東電
401円買い→382円ぶん投げ。
短時間で大負け。

何がスマートな売買だ。
ああ。。。
素直にバイリンガール英会話やっておけば良かった。。。
下手なんだから、スキャはダメ。
格好の餌食になる。

そして、その後も最悪。
「なんとか取り返さねば」と頭に血がのぼる。
待ち伏せとか関係なく無理矢理空売りエントリー。
フルレバレッジでやられたので、フルレバレッジで取り返しに行く。
1番ダメなパターン。

4564 OTS
228円空売り

これも一気に担ぎ上げられて死亡。
祈る事しかできなくなる。

ぐう。。。
なんで自分はこんなにアホなんだろう。。。
自分を律することが全くできていない。
待ち伏せして、そこに来なければ何もしない。
たった、これだけでいいのに。。。
すごく簡単なことだろう?

自分がクズ人間だということを再確認した1日でした。

ルールを無視して損したときのストレスといったら半端ないです。
自己嫌悪で眠れなくなる程、ストレスを感じました。
こんな気持ちになるようなアホな売買はもう人生で最後にしたい。

スキャルピングは禁止します。
フルレバレッジも禁止。
板を見ながらの売買も禁止。
チャート上の節目でのみ売買する。

ちなみに、4564 OTSに空売りで入った根拠は下記の通り。

4564 OTS
ガン細胞だけ狙い撃ちして退治する薬の材料で噴き上げ。

10/24の出来高は2億2千万株。発行済株式数の1億4千万株を超えているとんでもない出来高なのでデイトレーダー(イナゴ)が群がってる事が分かります。

23日はストップ高で、空売りも増加。
「売り方ピンチ」とばかりに10月24日に大幅ギャップアップで高く寄った後、記録的な出来高と共に3連続陰線でジリジリ下げています。
つまり、24日以降に飛び付いた買い方はほぼ全員が含み損状態で、かつ、上にすごいシコリを作ったことになります。
そして、下は200円までは真空地帯。
また、出来高急増の10月24日以降は空売りも特に増えていません。

最近、3632グリーの10月10日とか、6143ソディックの10月9日とかが材料で出来高を伴った急騰をして、その後ジリ下げっていう展開でした。

3632グリーも、6143ソディックも貸借銘柄なので、4564 OTSと条件は同じ。
唯一違うのは、10月10日頃は全体相場が急落中だったこと。
今回は全体相場は堅調。

でも、多分今回も同じような値動きになると思います。
好材料には違いないですが、すぐに業績に寄与する材料ではないので、シコリを突破して上値追いは難しいと考えます。
今後、臨床試験をするんだから費用がそれだけかかるのも事実。
もし切り返すとしても、1度派手に下落して振るい落としをしない事には上がらないと思われます。

よって、反転するのは200円まで窓埋めしてからの話だと思います。
その動きを取りに行きます。

という考え。

普通、こんな空前の出来高で急騰した株には怖くて入れないが、今回ばかりは頭に血が上っていたので入ってしまいました。

そして含み損になり、自己嫌悪のストレスで眠れずに迎えた翌日、場が開く直前にパソコンが壊れました。

数日前に1台壊れていたので、立て続けに2台のパソコンが壊れました。売買ツールを失いました。
私生活の大事なデータも山ほど。。。

まず、ポジションを投げてからやればいいのに、データの退避等で四苦八苦して、フルレバレッジ空売りポジションを放置してたら、上記の考えとは全く逆に動いて今日だけでさらに10%以上担ぎ上げられていました。

そしてやっぱりピンポイントのド高値で投げ。

全ての歯車が悪い方に重なりました。

資金も、このフルレバレッジ・ルール無視売買2発で本当に少なくなりました。
パソコンまで、文字通り全てを失いました。
一度全てをリセットします。
生まれ変わるチャンスが来たようです。

10年後を見据えて、今までの経験を総動員して、売買ルールの作り直しから始めます。

こんなアホでも実行可能な戦略の練り直し。

ルールは立派でも守れないと意味がない。
守れるようになんとか工夫したい。

そして、パソコンも買わないと。

成功経験、失敗経験、両方とも結構経験値だけは積みました。

明日以降、スマートなトレーダーに生まれ変わってきます。

今回ばっかりは本気です。

スマートトレーダー1年生です。
パソコンが1台壊れる。

株で大負けする。

もう1台のパソコンも立て続けに壊れる。

・・・全滅。

データバックアップはサボって取ってないし。。。

日頃の行いが災いを大きくする。

試練。。。

まずはデータの救出方法が無いか足掻いてみて、同時に新しいパソコンを調達か。。。

ツライ。。。
6079エナリスは会社側が粉飾を完全否定するIRを出す。
まあ好材料でしょう。

それでも株価は下げ。
割高だってことですかね?
つまんない動きなのでスルー。

さて、6143ソディック。
寄りから売ると言いつつ・・・ギャップダウンで寄ってうまく売れず。

ズルズル下がっていきました。

持っていた売建玉も返済。

919円売り建て→907円買い返済。
微妙な値幅ですけど、約10万ポイントをゲット。

コツコツいきましょう。

一応利確なので、今日はスマートに立ち回ったということにしておきましょう。

この位置から買えないので、何か売りたいんだけど・・・イマイチ見つからない。
ま、ガツガツ行かずに待ち伏せが基本。マッタリいきましょうか。

チャンスが来なければ何もしないスタンスで。

仕方ないのでYOU TUBEでチャート分析の動画とか、バイリンガール英会話の動画とかを見たり、ジムで筋トレしたりして過ごしました。

バイリンガール英会話っていいですね。ハマりそうです。

6143ソディックはもう一度売りたいと思って待ち伏せするも、売れず。

そのまま終了。ノーポジです。

今日の夜は、明日勝負する銘柄を選ぼう。
6079エナリスがS安しています。
粉飾の疑いがあるとか?

①売掛金10億円の相手が所在不明の会社
②営業キャッシュフローが連続赤字
③純利益50万円の会社を20億円で買収
④2013年10月上場

粉飾があるのか無いのかは知らないけど、営業キャッシュフローが連続して赤字の会社は突然悪材料が飛び出すので、ホント怖い。。。


さて、日経平均の確認。
日足の一目均衡表で抵抗帯付近まで上がってきました。
日経平均先物は日足MACDがゴールデンクロスしそうな位置。

またNYダウも日足の一目均衡表で抵抗帯のすぐ下まで来ています。
そこへ来てNYダウも127ドル高。
こちらは日足MACDがゴールデンクロスして買いサイン。

週明けの相場は寄りから高そうです。
MACDは買いサインでも、今はトレンドフォロー型のテクニカル指標の買いサインは、あまり信用していません。
寄りから高いなら、売りから入りやすい。

寄りからショートがスマートでしょう。
ただ・・・寄りからショートして上髭で投げさせられて、その後下落で涙目っていう展開が怖いので、寄りから仕掛けずに待ち伏せする方がよりスマートかも。

6143ソディックは、955円くらいまでは上がりそうですが、そこから先は弱い展開を予想。

さて、明日からまた楽しい相場ゲームが始まります。

ワクワクしてきました。
為替もNYダウも日経平均先物も、全てカチ上げ。

売建玉しか持ってない身としては、恐ろしいことになってます。

しかし、慌てるのはスマートではない。

こういう日、サラリーマン時代は仕事中に板を見れなかったので狼狽しなかったが、今は板を見れてしまうので狼狽して不利なポイントで投げてしまうことが多い。
だから負ける。

相場のイメージとしては前場高いが徐々に下げていくイメージ。
ただし、上髭は付けるかも。

なので、その上髭部分で狼狽して投げてはいけないので、今日は前場のうちは相場を見ないことにしました。
これはなかなか実行するのは難しいですが、資産を守るために見ないという選択も必要。

前場は触らずに、昼休みに身の振り方を考えてみることにします。


・・・

前場が終わって初めて相場を確認すると、思った通り、上髭を付けてから落ちて来ています。
やはり、見てたら投げてしまいそうな罠がありましたね。
危ない。

さて、ここからどうするか?

この時点でノーポジだと仮定して、できるだけニュートラルな視点で、そこから買うべきなのか売るべきなのかを考えてみたい。

NYダウも日経平均先物も日足のMACDがゴールデンクロス直前。
ただし、バンバン高値を更新していく相場とは思えないので、高値圏での揉み合い相場を想定する。
そうすると、今はMACDなどのトレンドフォロー型のテクニカル指標より、ストキャスティクスやRSIなどのオシレーター系の指標の方が信頼性は高いんじゃないかと思う。

そこで、オシレーター系を確認してみる。
日経平均の日足で、ストキャスティクスは80を超えてきました。
RSIは低い位置でRSIシグナルがRSIを下から上へゴールデンクロスしているが、まだまだ低い位置。

ストキャスティクスは買われ過ぎ感が出てきていますが、RSIではまだ上値がありそうです。
よって売りとも買いともいえない位置。

高値圏ではあるので、売建玉の含み損は持ったまま様子見がスマート・・・ですね。

そうと決まれば、後場からも相場には参加せずに出掛けるとこにしました。
見てたら余計な事をしてしまう。

なので、ジムで筋トレ。

終値は928円で3円高。
含み損は少し増えましたが、日経平均が150円も上がって、為替も円安が進んで108円になってることを考えると、何もしなかったけど、上出来な1日だったでしょう。

あと、今日から意識し始めたのが、相場を「ポイントを稼ぐゲーム」と考えることにしました。
100万円ではなく、100万ポイント。
こう考えることによって、あまり欲に支配されずに楽しめる感じがしています。
「これ」という攻略法が決まってなくて、その時々のマーケットに合わせて戦術を変えていく必要があるので、恐らく、一生飽きることなく楽しめるゲームだと思います。
スマホゲームなんて比べ物にならないくらい面白いと思う。

来週も相場ゲームを楽しんでいきましょう!
今日もスマートにいこう。

6143ソディックの空売りは寄りで返済。

944円売り建て→930円返済。

小幅ですが、利確で良いスタート。

その後、板を見てて「これは崩れそう!」と思って、買い戻した価格より下だけど再度エントリー。

6143ソディック。
919円売り建て。

・・・そして終値は925円で含み損。。。

・・・節目で待ち伏せできてないですね。
全然スマートじゃない。。。
反省。
板を見ながら思い付きで入っちゃダメだって、あれほど。。。

930円辺りの価格帯別出来高の厚さを根拠に、含み損のまま我慢。

なんだか、新しい経産相の宮沢大臣も、SMバーに政治活動費使ってたりするようですし、アホな政治が続いてるので、売りでしょ。・・・多分。
14年度上半期の貿易収支は、過去最大の5兆4千億円の赤字。
円安で輸出企業に有利だとか言ってる場合じゃないですね。

輸出企業といえば、7312タカタの動きがスゴイ。
昨日、ストップ安貼り付きだったのが、今日は爆上げして10%も上げたと思ったら、また垂直下げで昨日のS安水準に。
エグい。

さて、6143ソディック。
大きくギャップアップして始まる。
昨日の含み益から一転、含み損へ転落。

しかし、ギャップアップした場所はは1時間足の一目均衡表の抵抗帯の位置。
ここを超えるのは簡単では無さそうなので、どうせ下げるだろうと余裕を持って眺めてました。

日経平均の寄ってからの下げにも助けられて、1時間足の抵抗帯に沿って下落。
ここまでは想定内の動き。

テクニカルは信じすぎてはいけないけれど、半信半疑で使うと素晴らしい武器になります。

後から振り返ってみると、抵抗帯も下げ止まった位置だし、含み益も増えたことだし、900円くらいで利確するのがスマートだったんでしょう。
ただ、「下の節目だと思ってる800円にも来ていないのにここで利確するのはスマートではない」と思い、放置。

節目に来るか、ギャップが空くかするまで持ったまま様子見することに。

すると、後場の日経平均の戻しの流れに乗って、ソディックも上昇。

・・・ゲゲゲ。

結局、含み損に再転落するのには耐えられず投げ。

943売り建て→940返済
僅かに利益ですが、ほぼ同値撤退。

・・・ダメだこりゃ。
スマートにはいかないもんです。
ただ、含み損を抱えるよりはスマートだと思ったので投げました。

やはり今回は、入るポイントが悪かった。

さて、日経平均の確認。
日経平均の日足の一目均衡表の先行スパン下が15369円。
15300円付近は価格帯別出来高も多いです。

今日の終値が15195円なので、まあまあいいところまで上がって来たと思います。

そろそろ下げターンが来てもおかしくない位置。

また、6143ソディックは、1Q決算の進捗率がイマイチ。
会社は14年度は増益予想にも関わらず、1Qの進捗率は去年の1Qを下回っています。
期待の3Dプリンターが売れたとしても業績に寄与するのは3Q以降。

1Qの短信には「受注環境は悪くないので下期にかけて回復する」と書いてますが、斜め上から読むと「上期のうちは回復しない」ってことじゃないでしょうか?

3Dプリンターの開発やお披露目に少しは費用もかかるでしょうし、中間決算は悪い可能性が高いのでは?
下方修正が出ても驚かないです。

・・・ということで、今度は枚数を半分に減らして、再度、引け間際に空売りエントリーしました。

6143ソディック
944円売り建て。

含み損を抱えるよりはスマートと言いながら、結局少し含み損。

まあ、買い戻した価格よりは僅かに上だし、枚数も半分になったので、何もしないよりはマシだったかと思います。

明日もスマートをテーマに立ち回る。
あら。
アッサリ予想が外れて、NYダウは大幅高。

16500ドル辺りの出来高の多い価格帯を上に抜けて来ました。
予想より強いです。

アメリカは経済好調ということかもしれません。

次は日足の一目均衡表の抵抗帯が16800ドル付近にあります。
ここも超えてくるんでしょうか?

日本はというと、経済も政治も怪しくなってきましたが、所詮NYダウのミラー相場なので、こちらも強い展開になるかもしれません。
本格的な下げは、年末年始の強い期間が終わってから?

ただ・・・森を見すぎるとチャンスを逃す気がします。

元々、6143ソディックは日経平均に先駆けて下がっていた株ですし。
だいたい予想通り、日経平均で15200円手前辺りまで戻したら反落しましたねぇ。
やはり、節目節目で仕掛けるのが勝つための第一歩。

含み損で死にかけていた6143ソディックの空売り。
今日は地合いにも助けられて大幅安。終値は前日比8.5%安の915円。

なんとか生還。
といっても、入るポイントが悪かったので少し含み益になっただけですが。

ソディックは1時間足の一目均衡表で抵抗帯が上にあるので、明日も上がりにくいと思います。
1時間足はMACDもデッドクロスしています。

外部環境も、
NYダウは16400ドル辺りの抵抗帯を突破できずにもたついているので、下に行く可能性が高そうな気がします。

そうなると、日経平均もまた14500円割れを試しに行く展開か。

取り敢えず、空売りを返済するのはまだ先で良さそうな気がします。

仕掛けポイントも節目待ちなんだから、手仕舞いポイントも節目待ちで。

これからは、節目節目で仕掛けるスマートな売買をして、ここで報告したいと思っています。

右往左往はもうやめた。
節目で仕掛ける格好良いトレードをすれば、心にも余裕が出来て、色々と好循環が生まれそうな気がしています。

ちょっと下だけど、6143ソディックの下の節目は800円だと思っています。

ただ・・・今回はエントリーポイントが悪かったので、下の節目を待たずに手仕舞いするかもしれません。。。

900円~1000円のボックス相場の可能性もあるので。。。
北京国際マラソン・・・。
PM2.5が深刻な状況で、「選手の皆さんは鼻呼吸で走って下さい」とか。。。

よくそんな大会に3万人もの人が出るもんです。

世界第二の経済大国がこれでは「人類の未来は大丈夫か?」と思ってしまう。


さて株。

寄りで売ってみてダメなら早めにカットして再度上で待ち伏せの予定で相場へ。
予定通り、寄りで空売りする。
6143ソディックを943円で空売り。

見てると、ジリジリ上げていく。
価格は950円辺り。
寄り天のシナリオは崩れた。
うん、ここで損切りするべきだ。
また再度、節目の手前、995円辺りで待ち伏せするべきだ。

ん?待てよ?・・・よく見ると、どうも日経平均に比べたら上げる角度が緩やかだ。
これは相対的に弱いということでは?
「もしかしたら・・・下がる時は一気かも?損切りして下に逃げられたら嫌だな・・・」と考えて損切りを遅らせる。

すると、それまでの上げ角度なんて関係なく、一気に垂直上げ。
1000円を超えた。

ああ、そうだ。
自分のポジションの売り目線で見て角度なんていう意味のない比較をしたらダメだ。。。
当初考えたシナリオが崩れた時点でさっさと損切りして、次のシナリオに移らないと。

こういうところが下手なところ。

結局、「損切りが遅れたら命取りになりそう」って言ってた通りの展開。

さっさと損切りして上で待ち伏せしてたらいい値段で売り直せたのに。
損切りするチャンスは何回もあった。
相場の動きは想定内でも、自分の動きが想定外。
自分の考え通りに動けない、負け組の典型。

結果は特大含み損を抱えて死にかけ。

自分のポジションに有利な展開を妄想して、損切りを躊躇する癖を克服できないようです。
いつまでたってもこんな初心者な売買をしてたらダメ。

どうやら、板を見ながら臨機応変に立ち回るのは自分には無理そうです。
失敗経験を積めば克服できるかと思ったが、そうもいかないようです。
もうこれは克服しようとせず、欠点と認めて、板を見ながら右往左往しないような売買方法に変えないといけないと思う。
それにはやはり、「節目で待ち伏せして、それ以外では何もしないこと。」
これに尽きる。
こらなら節目を突破したら投げればいいから簡単。
待ち伏せした所まで来なくて儲け損ねても、損しなかったんだからいいという考えで行きたい。

さて、含み損の建玉をどうするか?
1000円付近の価格帯は、再度上で待ち伏せする予定だった価格帯なので、ぶん投げるポイントだとは考えていない。
損切りが遅れて大含み損を抱えてしまったものの、今から損切りするべきではないと考える。

1時間足の抵抗帯に押さえつけられて、10/21(火)の後場に下落する可能性が高いように見える。

今日高かったのはマーケット全体の雰囲気に乗って、商いの薄い価格帯をスルスル上がっただけで、下落トレンドに変わりはないと見る。

ただし、この1000円辺りの価格帯をさらに上に抜けたら、もう想定外の動きになるのでぶん投げ予定。
その時の損失といったら・・・目も当てられないな。。。
NYダウは263ドル高と大幅反発。
為替も落ち着きを取り戻して1ドル106.9円。
空売り比率は依然高く、35%ほど。
下げ止まるのを待ってましたという人は多そうなので、10/21(月)の日本市場も素直にギャップアップで始まるでしょう。

問題はどこまで戻すか?

①調整終了。年末年始に向けて高値に挑戦しにいく。
②日経平均で15200円辺り。
③そんなところまで戻さずに14800円ちょいから寄天で下げ。

うーむ。
季節のアノマリーに従うなら①だけど、日経平均を月足で表示すると、綺麗なダブルトップ。これはもう天井をうったと見るのが自然。しかし、短期的には上向き。

なので、②番が可能性としては高そうな気がします。

そうすると、月曜日の寄りから売りに行くのはちょっと恐い。
基本的に、節目に来るまで何もしないのが一番安全。

でもまあ、上へ下へと忙しい相場は変わってないと思う。
そういう相場でギャップがあくならチャンスと考える。

まずは寄りで売ってみる。
ダメなら早めに損切り。

結局、上記の②かなー?と思いつつ、③の相場の場合の対応をしようとしているので、損切りの遅れは命取りになりそう。

ダメなら早く見限って、上の節目で再度待ち伏せすることにしたい。
うちは田舎なので、家の近所に広大な土地が結構あります。

新しく出来た太陽光発電設備もちらほら。

太陽光発電の受け入れ中止の影響を受けたものもあるかもしれません。

再生可能エネルギーの費用は利用者全体が負担するとはいえ、原発事故以来、電力会社の経営が厳しい中、太陽光発電設備がバンバン建設されているのを見て何だか違和感を感じていました。
こういう事になるんですね。。。

政策に乗れと飛びついたらハシゴを外される。
・・・あまり政府を信用しすぎると恐いですね。

さて株。

売り目線でマーケットを見てますが、今の所は14500円辺りは新規に売り建てする水準には見えない。
一旦下抜けた後に、上値抵抗線として売り建てする水準と思う。

よって、今はギャップアップ、ギャップダウンから窓を閉めに行く動きのうちの「一部分だけ切り取れればいい」と考えて、短期でコツコツ利益を重ねていきたい。

上へ下へ行ったり来たりする相場だと、騙しの動きでロスカットになりやすい。
ならば、細かい波を何度も切り取りに行けばいい。
夜間、日経平均先物が14400円になってるのを見て、
「ああ、節目だ。ここで買えば短期で儲かるのに」と思いつつ、先物口座にお金が入ってなくて無理。

日経平均14500円辺りは目を瞑って買う価格帯だと思う。
ただ、一旦反発しても下抜ける可能性は高いと思ってます。
そうすると、11000円くらいまで底無し。

今日はド短期で1回だけマネーゲームに参加。

7591エクセル
1075円買い→1099円売り。
サイズは小さめなので小さい利益。
コツコツ利益を重ねて行きましょう。

今日は買い有利と思いますが、基本的には売り目線なので、自分の実力ではこれ以上無理にやっても負けるだけ。

今日は嫁ちゃんと出掛けるので朝9時半で終了。

こんなとこまで来ないだろうという節目の指値だけ出してお出掛け。
ある信用金庫の課長さんが住宅ローン借り換えキャンペーンの宣伝で家に来た。

外に出てみたら、課長さんが一言。
「あのぅ、お父様かお母様はいらっしゃいますか?」

はい!?学生に見えた?
私、38歳のアラフォーで世帯主ですけど。。。
本気なのか営業トークなのか謎でした。

で、折角の営業トークを繰り出した課長さんも、「住宅ローン終わりました」の一言で門前払い。
さようなら。

ところで、国会のうちわ配布問題。。。
あれ何なんですかね?
平和な議論してますなー。
もっと他にやるべき事があるような。。。

後場、食器洗い機の修理が終わったので、少しだけ参加。
8515アイフルで地味に1円抜き。

353円売り→352円買い戻し。
もう1回、
353円売り→352円買い戻し。

ショボい。。。
でも修理代は稼げたか。。。
何となく参加してしまったけど、負けなくて良かった。。。

ふと見ると、昨日988円でぶん投げ買い戻ししてしまった6173ソディックは終値877円。。。
予想通りの800円台への下落なのに売り建玉持ってないとか。
下手過ぎて泣ける。

クヨクヨしててもしょうがない。
明日は、下手なエントリーを慎んで、負けないように頑張ろう。

NYダウが反発したとして、日経平均はどこまで戻せるか?
後で検証したいと思います。
一旦反発するターンも、そろそろではないでしょうか?
はぁ~。最悪の朝。

アホな売買をして空売りを手放してしまったらすぐに暴落。
「空売り空売り」と言ってるのに、全然勝てない。
悔やんでも悔やみきれない。

NYダウは下髭をつけて173ドル安。
日経平均先物は520円下落の15500円。

昨日、
「下向きの流れで、節目にも到達してないので空売りを買い戻す理由無し。握力を見せる場面。」
と思っていたのに、振幅の大きさにびびってド高値で投げた自分が悪い。

この上、買いで負けると立ち直れないので買いは封印したいが、そうするとギャップダウンされて何も出来ない。

日経平均先物も、節目と思っていた15500円に近付いた。

仕方ないので、前場のうちに手仕舞いするという条件付きで買いの封印を解除。

このところ、ギャップダウンした日は妙な底堅さを見せるので、前場だけ勝負と考えて寄りで買いに行く。

寄りで1805飛島建設を買い。
245円買い→250円売り

寄りで1929日特建設を買い。
509円買い→510円売り。

寄りで2802味の素を買い。
1924.5円買い→1927円売り。

あとは、雀の涙ほど空売りした2749JPHDを返済買い。
377円空売り→374円買い戻し。

安全重視で早売り過ぎたので、ほんの少しだけ利益。
まあ、売り目線なので買いで取るのはこの程度でOKと思う。

あとは、イメージとしては今夜NYが反発して、明日の日経平均がギャップアップしたところを再度空売りに行く。
ただし、入って良いのは下落トレンドの銘柄のみ。

根拠は、NYダウは下髭をつけているので明日は一旦上げそう。
しかし、16500ドル辺りの価格帯を下回ってしまっているので上げても僅かと見る。

あとは、悲惨なIRが出た7591エクセルの行く末を見守る。

海外の子会社の取引先が倒産して売掛金が回収出来ないそうな。
ただ、その額が異常で、145億円。
利益が20億円程の会社でこの額は・・・かなり厳しいですね。。。
この間の住友商事のシェールガス事業の失敗といい、海外で事業やってる商社って恐い爆弾抱えてますね。。。
エクセルの場合は営業キャッシュフローが2期連続で赤字で自転車操業気味なので、投資対象から外しておくという選択は出来たのかもしれませんが、これはホントに事故ですね。。。

今日は壊れた食器洗い機の修理が来るので、マーケット参加は前場でお終い。
しまった。
あれほど、日々の値動きに惑わされてはいけないと言っていたのに、惑わされてしまった。。。

空売りの建玉は、買い戻してはいけないポイントで投げてしまった。
前場に日経平均が急伸したときに。
そしてまた投げた所がピンポイントの天井でそこから急落・・・。
芸術的に下手すぎる。
価格帯別出来高や一目均衡表など、テクニカル的に見ても、新規に売るべきポイント。
何故そこで投げる?

正直、前回のイナゴ上げの恐ろしい記憶が蘇ってしまったから。。。

心が弱いので、やっぱり板を見てると惑わされる。
本当に馬鹿。

1010円売り建て→988円買い戻し。
最低。全然ダメだった。
すごく悔しい。

自分はド下手なことを認識しているので、次の空売りチャンスが来るまでは何もしないことにする。

中途半端な位置で入ったら、騙し上げでロスカットになって確実に負ける。
慎重に。

チャンスが来たら入るが、来なければ何もしない。
このスタイルで。

儲け損なうのは仕方ない。
退場するよりマシ。

・・・といいつつ、少しくらいはポジションが無いと眠くなるし、やる気がなくなると思い、2749JPHDを少しだけ空売り。
業績好調銘柄。

依然、空売り比率が36.5%と高いので、荒い値動きもありそう。

日経平均の確認。
15200円辺りまで戻すと、窓を1個埋める。
そこで再度弱い株を売り直しか。

下向きトレンドの株が、日々の細かい波で上に来たところをモグラ叩き。

今まで日々翻弄されて来た動きを逆手に取る。

これからは勝ち組の仲間入りをしたい。

明日の空売り候補銘柄の調査をしよう。
ユニクロでジーンズを買った。
2990円。

自分は一般的な日本人の体型ですが、ユニクロだと裾上げしなくてもピッタリのサイズ。
試着室やレジも大量にあってほとんど並ばない。
店に入ってジーンズを買って出てくるまで約5分だった。
リーズナブルな上に、裾上げを待つ時間が無いのがお客様目線で素晴らしいと思う。
だから株価も高いのかな?

ま・・・株価が高いのは来季予想が高いからだろうけど。

社員に対してはブラックなのかもしれないけど、客の立場だと良い会社だと思う。


さて、株。
ザッと見回すと、どこも朝の気配は思ったより高い。

・・・慌てるな。
朝の気配や細かい値動きで慌てて売買すると失敗する。
節目が来るまでは放置が正解。

マーケットが始まる。
日経平均は300円幅を超えて下げているものの、なんというか・・・落ち着いた値動き。

日中も随分とリバウンドする銘柄が多く、妙に強さを感じる。
値動きを見てると、空売りの建玉を手放したくなる。
特に6143ソディックは後場に日経平均が下げる中、逆行高していたので投げたくなった。
しかし、マーケットの向きは下向き。
ここはしっかり握っておく場面だと思い、動かず我慢。

無理矢理、株以外の事をして気をそらしつつ、なんとか握りしめて終了。

6143ソディックは前日比マイナス3.7%。

NYダウが金曜日、月曜日とガンガン下げた事を考えると、全然物足りない。

ギャップアップに飛び付いた個人が超短期で投げるような日じゃないと、大きくは下がらないのかも?

だとすると、一旦リリースして、ギャップアップを売りに行くのが正解か?
しかし、それだと今日みたいにギャップダウンされると置いていかれるからなぁ・・・。
ジタバタしないで黙って握っておこう。。。


日経平均の確認。
日足の一目均衡表の抵抗帯を順当に下抜け。
売りサインです。

NYダウは8月安値を僅かに下回りましたが、日経平均はまだ8月安値より上の位置。

14500円辺りの価格帯に強いサポートがあります。
また、現在の価格の上の方には幾つかの窓があります。
リバウンドを意識する価格帯が近付いて来ました。
NYダウ続落。
テクニカル的には自然な動き。

下向き相場が鮮明になった。

8月の安値も割った。

当面の下値メドは月足の上昇トレンドチャンネル下限の15600ドルくらいか。

引き続き空売りで勝負。

日経平均も下値メドは14500円。
週足の一目均衡表で先行スパンがあるのと、価格帯別出来高が多いから。
売買イメージとしては、日経平均が14500円に来たら、一旦空売りを手放して、その後日経平均が15000円程度に反発した所で再度戻り売りを狙う感じか。

季節のアノマリーでは10月頃に買って1月に売れば儲かる事が多いが、今回はどうだろう?

下落相場入りしたように見えるので、年末年始に上げても一時的なもののような気がします。
ドラゴン桜より。

次に勝つために失敗から学ぶ「たら・れば」思考は絶対に必要。
失敗の原因を検証してその分析結果を次に活かす。

ああ、成る程。
そうかも。

今まで、「トレードは結果が全て。たらればは格好悪い」と思い込んでいたけど、そうじゃないですね。

愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ。
自分は愚者なんだから、失敗から学ばないと。
今度から負けたら素直にたらればしていこうと思う。

なるべく、たられば場面は作らないように立ち回りたいけれども。。。

さーて、安値更新銘柄のピックアップでもやりましょうかね。

今週も空売り勝負。
NYダウは115ドル下げ。
NASDAQはもっと下げてます。

夜間の日経平均先物は15230円。
シカゴ日経平均先物は15065円。

金曜日の日経平均の終値15300円に比べると、シカゴ日経平均先物は随分下に行きました。

シカゴ日経平均先物はこれで日足の一目均衡表で抵抗帯を下に抜けました。

祝日、月曜日のNYダウ次第ではありますが、ひとまず順調な下げ方。

空売りした6143ソディックの確認。
6143ソディックは3Dプリンターというテーマがあって、技術的にも独自色の強い優良企業のようです。しかもPBRも1倍ちょいの割安銘柄です。
こういうテーマを持った割安銘柄は、銘柄に惚れ込みやすいので、下げた時に損切りが遅れがち。
個人投資家の参加が多いので特にその傾向が強くなります。
「PBRも低いし、持っていればいつか評価されて上がるはず」
と思い込んでしまう。
悪いことに、信用取引を使ってナンピン買いまでしてしまう人も出てくる。
それでも株価は構わず下げる。
トレンドには逆らえない。
一見割安なので、下げても下げても信用の取組は改善しない。
そうして、ナンピン信用組が耐え切れずに投げる阿鼻叫喚のセリクラが生まれることになります。
買えば有利なポイントなのにレバレッジを効かせているために強制的に投げ売るしか無くなります。
今、そういう日が少しずつ近付いていると思います。
値動きと出来高を見るとその日が来たかどうかは分かります。

セリクラが派手であればあるほど、セリクラ後の反発力も強くなります。
これはかなり難しいですが、もし往復で取れたらかなりの利益になります。
出来高と値動きを見極める。
ドテン買いはたった1日でも早く動いてしまうと損をします。
なんだこりゃー?っていう下げ方と出来高を待つ必要があります。

今回はもう買いはしないと決めたので往復で取るのは無理そうです。
NYダウは334ドルも下げたが、日経平均は178円の下げ。

なんとも底堅い値動き。

ただ底堅いと言っても、日経平均は日足の一目均衡表で遅行スパンが価格を上から下へクロスしました。
あとは先行スパン2を下に抜けることが出来るかどうか。

前回は、8月8日に見事に先行スパン2に跳ね返されて反発、そこからズンズン上昇しています。

今回も同じだとしたら、今日が底になりますが、どうなるか?
前回より雲が薄いので下に突き抜ける可能性があります。

6143ソディックは、終わってみれば4%ちょい下げただけ。

今日のところは全体相場もソディックもクラッシュしそうな雰囲気はありません。

ただ、陽線をつけた銘柄が多い中、ソディックは陰線で前回安値を更新したので、比較的弱いのは間違いないですね。
6143ソディック。
寄り付きで空売りを半分だけ返済しようと思い、相場へ。

NYダウが334ドルも下げたのに、寄りの気配は大して下げず。

昨日は小さい材料に反応し過ぎて過剰に上げていたが、今日はちょっと、反応しなさ過ぎて下げない。

・・・ここで血迷って予定変更し、空売りの半分返済を取りやめて、わずかに売り増し。。。

あぁ。
板を見てると翻弄されて考えと逆に逆に動いてしまう。。。

トレーダーとしては最悪。資質無し。

すると、やっぱり寄り付き後に反発。

寄りで返済しておけば、高値で売り直せたのに。
下手過ぎる。

で、その後もやっぱり、予想通り少し反発した後で急落。

こういう波を落ち着いて取れない奴はデイトレをやってはいけない。

僅かに売り増した分だけは1%幅くらいとって利確。
これも下手。利確した直後に突き抜けて行きました。

・・・まあ仕方ない。次回への戒めとする。

前回安値を更新したので、あとはもう黙ってついて行くだけ。

行き過ぎるまで何もしない。

昨日のイナゴ上げで、自分も含めてアホな参加者が多い銘柄だってのは分かったので、セリクラ的な動きも派手なもんでしょう。

そういう行き過ぎポイントを待ちます。

さて、日経平均の確認。
ちょうど抵抗帯があり、反発してもいい位置。
ここは反発できるかどうか大事なポイント。どっちに行くかは五分五分。
個人的には下に行くと思います。

NYダウも日足一目均衡表の抵抗帯を上から下へ抜けよう抜けようとしているところ。

3連休だから一旦空売りを返済しておくなんてことはしない。

持ったままで流れに身を任せる。

で 後場は見ないでジム行ってきます。
NYダウが300ドル幅を超える下落。

毎日上へ下へと行ったり来たり。

寄り付きは安そうなので、本来なら、寄りで一旦空売りをリリースするんでしょう。

ただ、安くよるとすぐに前回安値を更新するかもしれないので、一気に下げる展開が有り得る。
右往左往しないように、半分だけリリースしてみようと思います。

こうすると、精神的負担が減るはずです。

昨日までの爆損から切り替えて、前向きに行こう。
6143ソディックの空売りを握りしめて、朝。

NY274ドル上げ・・・。

目が点に。

全て逆に行く。

こういう時に寄りで慌てて売買するとロクな事がないので、まずは含み損ストレスに耐えながら後場までは触らないと決める。

引け前まで様子を見てそれでもなお上向きなら全てぶん投げと思い、相場を眺める。

すると、昼に6143ソディックの子会社OPMから小さな好材料が出る。
材料は大したことないのに、株価は狂ったように爆上げ。。。前日比+19%のお祭り状態。。。
なにこれ。。。
材料株って。。。
寄りで投げてた方が良かったやん。。。
ホントに株は行き過ぎるもんだというのを再確認。
もしストップ高だったとしたら損失額はいくらか?と計算して、一発退場を覚悟。

もう曲がりっぷりが半端ない展開。

日経平均や他の監視銘柄は寄り天からマイ転してグングン下がって行くのに、唯一、空売りしてる銘柄だけがお祭り上げ。。。

しかし、終わってみれば、+19%までお祭り上げをした後、一気に急降下してマイナス引け。
なんという恐ろしい値動き。。。

ふぅ。。。
見てただけだけど、命からがら逃げてきた感じ。ギリギリ生還。。。

結果的には上にシコリを作ってくれて上がりにくいチャートに。


退場ギリギリになったのは何が悪かったのか?

今は、一本調子に上げる相場ではなく、乱高下する相場。
もみ合い相場の対応をしないといけない時に、飛び乗り行為を繰り返した。

これが敗因でしょう。

本当は6143ソディックだって、日足で一目均衡表の先行スパン2が1200円にあるから、そこで空売り出来たらいいなと思って眺めてた銘柄。

なのに、マーケットの雰囲気に呑まれて、1010円とかいう安値で空売りエントリーしている。

そりゃ勝てる訳がない。

ジックリ待てば今日、ベストなポイントで空売りで入れたわけだ。
右往左往してるから勝てない。

では、どうやったらそういうミスは防げるのか?

手っ取り早いのは、相場が動いてる時間は相場を見ないこと。
夜、動いてない時にジックリ考える。
でも、それでは成長しないし、今の生活スタイルに合っていない。

じゃあどうする?
チェックリストでも作るか?

一方通行の相場では飛び乗り。
もみ合い相場では逆張り。
もし違うなら入らない。

ちょっと後で試しにチェックリストを作ってみよう。

そして、材料株がこういうアホな動きをする事を再確認したので、いつかそれを逆手に取ったトレーダーになれるよう。努力したい。
こんなところまで来る?っていう節目で待ち伏せするのが良さそうだけど、持たざるリスクを考えるとなかなか我慢出来ないんだよね。。。

今日も勉強を頑張ろう。。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。