2005年4月から投資スタート。 2013年サラリーマンから主夫に転身後、全く勝てなくなる。2014年10月30日、意識改革し、ルール無視は一切しないプロ相場師としての活動を開始。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10日ぶりに会社に行ったら、当然だけど、仕事が溜まりまくっててピンチ。火を噴く寸前。

しかし10日間もただひたすら寝てた生活を送っていたので、身体が弱ったみたいで、定時まで過ごすだけでも一苦労。


さて株。
昨日1銘柄、今日もう1銘柄、合計2銘柄のショートポジションを構築。

グリーと日本製鋼所。

しばらく下向きの相場だと思ってるので、このまま半月くらい放置してみたい。

さて、少しは残業しないとまずいが・・・いきなり頑張るのも良くないな。。。
スポンサーサイト
ようやく熱が平熱に戻った。
長い闘病生活で、6日間も有給休暇を消化した。
明日から会社だが、ただでさえ「休日に挽回しよう」と思っていたくらい仕事が遅れていたのに、休日はおろか平日まで休んでしまって、火を噴いてるものの火消しから始まる。。。
恐ろし過ぎて想像したくもない。
・・・なんか、また新しい病気になる気さえする。


さて株。
そろそろ空売りを入れるタイミングが近づいてきたように思う。

9月30日のお化粧買いが狙い目。

ということは、9月30日の引け成りで売るのが良さそうだけど、9月30日は仕事がかなり忙しい為、引け成りにこだわらず売れる時に売ろうと思う。前場の引け成りかな?

あと、9501東電の値動きにも注目したい。
こうなると200円の窓も埋めるだろうから。

9月はだいたい思い描いていた通りの相場展開だったにもかかわらず、全然儲けられずに、資産は横這い。

まあ減らさなかっただけ良しと考える。

10月が勝負月と見ているので、頑張りたいところ。

セリクラ来るか?
今日は37度。
薬も効いてるみたいで大分回復。

さて株。
今日は東電株が上がってくれたので利益確定。
命拾い。

しかし、その利益の半分以上を余計なデイトレで溶かした。

ダメだこりゃ。

次は9月30日に国際優良株にショートでもいれてみよう。
今日は現金100%のポジションだったので、色々と出来る立場だった。

配当権利は取らず。
配当落ちを狙ったショートもせず。

では何をしたかというと、ギャンブル銘柄の東京電力を買った。
249円の窓を埋めたら買ってみようと思ってたので、窓埋める直前に買い。
その後、底無し沼にハマったかのような下げ方をした。
と思ったら、いきなり鯉の滝登り、垂直上げ。
すごい値動き。

それでも買値より下で・・・含み損。

んー。
こんなに選択肢があって、ワーストの選択肢を選ぶとは。
発熱8日目。
ようやく熱が37度台まで下がったので、それまで飲んでいた「ボルタレン」という熱冷まし&鎮痛剤を飲むのをやめた。

鎮痛剤をやめて初めて、自分の筋肉痛が尋常じゃないことを知る。
足のつま先から、手の指先まで全身痛い。
「そんな大袈裟な」と言われそうだが、携帯でメールを書く筋力が足りないのである。箸を持つのもキツイ。
普段何気なくやってる携帯メールは意外と筋肉を使う作業なんだということを知る。

こんな状況でも仕事を休まずに稼ぐことが出来るんだから、トレーダーってのは、良い稼業だなと思う。
サラリーマン稼業の方は9月20日から休業中。

なべさくの運命や如何に。
「太陽光発電いーねー」と普段から言ってたら、
嫁ちゃんが色々と動いて太陽光発電設備の見積もりをとってくれた。

各社色々と出てきたが、さすがにハウスメーカーは他社に真似できないものを出してきた。
「屋根一体型」
太陽光発電設備を載せる部分だけ屋根を引っぺがして、屋根ごと交換するというもの。約300万円。
今まで見た見積もりの中では1番魅力的。

しかし、家買うときもそうだったが、何故かこういう高額商品の見積もりは、最高に株を買うべき時に合わせてやってくる。

家の時は、建て売りだったので「この家、今買わないと他の人に買われてしまうかも?」という脅迫観念に負けて、日経平均株価が7000円台前半の時に購入してしまった。

しかし、太陽光発電設備はいつでも買える。
今回は見送って、まず10月の安い所で株を買って、それを1月初旬に利益確定して、資産が増えた所で太陽光発電設備の契約をするってのが理想のコースかと思う。

さて株。
よく下げたが底入れ感は無い。
とりあえず、これから月末にかけてアヤ戻し。グリーが日足で三尊天井を形成する10月初め頃にまた下落していくイメージ。
その下落はかなりの勢いがあるのではないだろうか?

よって、9月30日のお化粧買いを売り叩いてしばらく気絶すると、絶好の買い場で多くの資金を持つことができる気がする。

そして10月後半のセリクラでドテン買い。

2012年1月初めにリリース。

シナリオ通りに行かなければすぐロスカット。

これで勝負したい。
1週間も39度の熱が下がらない状態で病院に行くと、さすがに色々と検査され、3.11以降、今年3回目のレントゲン検査。

今年は被曝しまくりだな。

で、検査結果はウイルス性の感染症ということでドクターストップ。29日まで出社停止。
ただでさえ遅れている仕事が挽回不可能なことになった。代わりはいない。・・・さて。。。

・・・んー、お手上げ。
リスク管理能力の欠如。信用失墜。といったところかな?
どうもなべさくは免疫力が低い。
まあいいや。
悪性腫瘍とか出なくて良かったということにしておく。


さて株。
なんだか今日はやけに寄りが高かったけど、その後順当に下げて今日も大幅安。

「任天堂」買い「グリー」売りのポジションは、2回目は儲からなかったけどトントンのところで手仕舞い。
「日本製鋼」の空売りは今日の引けで利益確定。
約60万円儲け。
これでポジションゼロ。

全て現金に。
発熱6日目の土曜日の夜、今度は全身筋肉痛。

ただひたすら寝てただけなのに筋肉痛になるって一体・・・?

どんだけ虚弱体質!?
しかも立ったり座ったり歩いたりがキツイくらい痛い。

「インフルエンザだったら子供の幼稚園の出欠に関わるから、救急病院で検査してもらえ」と嫁ちゃんにケツを叩かれ、救急病院にかかる。結果は陰性。

なんだかよく分からんけど早く治ってー。
ついに39度の大台に乗った。
熱が出続けると、人間弱気になるようで、今日は「国家破綻したらどうなるんだろう?」というテーマについて漠然と考えてた。

預金封鎖、ハイパーインフレ、資産税、新円発行・・・。

持ち家があるので住む場所には困らない。これは有利と思われる。

株式で持ってる資産は物価が仮に10倍になればそれなりに値上がりするのが自然。株式資産も預貯金に比べて有利かと思われる。が、信頼を失った日本株を外国人が売りまくると、暴落は避けられない?それにハイパーインフレ下の経済の混乱の中では倒産が続出しそう。そうなると株式は有利とは言い難い?

唯一信じられるのは、個人の生きる力。
しかし、自分みたいに大企業に生かして貰ってる手に職がない人間は生きて行くのもままならないような気がする。
そうなったら、看護師免許を持ってる嫁ちゃんに養ってもらう生活になるのかな?

弱った頭で考えてても間違った方向に行きそうだ。
また元気になったら考えてみよう。
円高になるということは、円の価値が上がるということ。つまり世界的に見ると、それだけで給料が上がるようなもの。
海外旅行にも行きやすくなる。

逆に円安になったらどうか?
輸入に頼ってるエネルギーや食品の価格が上がるのは必死。つまり、給料は変わらないのに、家計における光熱費や食品が上がる。
円安による株高の恩恵を受けられない一般家庭では、恐らく生活が厳しくなると思う。

国民目線の政治をやるなら、為替に介入してまで円高を阻止しようとするのは間違っていると思う。
介入するには資金が必要だから、必然的に国債発行に結び付き、国の借金が増える。

では何故、政府は為替介入なんてやるのか?
恐らく、一部の輸出で稼ぐ大企業が、政治家や官僚に選挙資金や天下り先を提供しているから。その大企業の方を向いて政治をすると、為替介入という結果になるのであろう。

この間、野田首相が財務大臣だった頃に行った単独介入は4.5兆円。その後為替は一瞬反応したが、何事も無かったかのように元の水準に戻った。
つまりは、なんの成果も生まず、国の借金を増やしただけの愚かな政策だったと言えるのではないだろうか?
そんな野田さんが首相になったが、果たして大丈夫なんだろうか?

まあ・・・なべさくは単なるトレーダーであって政治・経済評論家ではないので、色々と間違っているかもしれない。その点はご容赦を。

とにかく、ギリシャ不安で円高・株安が進行している今、一般家庭は、いつか来る円安に備えて、株を買ってリスクヘッジしておく局面なのではないかと思う。

22日のNYダウは400ドル近く下げた。
個人的にはショートポジションの方が多いので楽しい週末になりそう。

・・・と言いたい所だけど、全然楽しくない。発熱5日目、回復の兆しが見えない。早く熱下がってくれないかなぁ。。。

健康第一。。。
発熱5日目。
病院行ってクスリ貰って安静にしてるのに熱が上がっていくとはどういうこと?
現在38.9度。

参った。
この間敷いた防犯ジャリ。車で踏んだら粉々に割れてしまう貧弱なジャリ。しかも軽い。
こんな軽くて台風来たとき大丈夫?と心配してたら、今回の台風で見事に飛び散ってた。

そして家の前の道路で車に轢かれて粉々に・・・。
これはマズかった。
大失敗。

早く重いジャリに交換しないと。

しかし、今日も発熱と頭痛で作業できず。バファリン飲んでも頭痛とれず。
流石に観念して病院に行った。
病院の痛み止めは嘘みたいに効くね。

明日はジャリ交換作業しよう。

さて株。
今日は買い戻した値段より下だけど、再びグリーを売り直して、任天堂買いグリー売りのポジションを再構築。

他に東証1部銘柄を1つ空売り。

ギリシャショックを待つポジション。
うちは台風の進路の左側なので、家が揺れる程の風。
なかなか激しい台風だったなぁ。

台風で玄関前の自転車が倒れ、玄関のドアが開かなくなった。
明日、窓から出て撤去だ。

今日も発熱で会社休んじゃったので、台風の影響はそれだけ。

ただ休んでザラ場見てしまった影響で、また余計なトレードをしてしまった。

任天堂買いとグリー売りのポジションの、グリー売りの方を早々と利益確定してしまった。

買い戻した後グイグイ下がったし、明日もさらに下がりそうなのに。

身体がきつくても仕事行くべきだったか?

・・・いや、台風で雨に打たれて体調悪化するよりはマシか。。。

昼間、暇なんで、久しぶりにスクリーニングしてみた。
サンリオとかドクターシーラボとか随分と割高。
ショート入れたいけど逆日歩ついてるね。

それにしても権利落ち後にショートしても間に合うのでは?とさえ思える高い位置。

カブドットコム証券の一般信用は逆日歩発生しないみたいなんで、信用口座開くと楽しいかも?

しかし、早く体調スッキリして欲しい。
朝起きるて、毎日顎がバゴバコ鳴る。

顎関節症の前触れ。
ストレス溜まるとなるんだよなぁ。

そして今日は38.3度の発熱。

休みの日も午前中だけ仕事をする、週休0日生活をしてみたらすぐ発熱。

身体が仕事を拒否してる。

むー、きつくて寝れない。

明日は会社休んじゃおう。。。
東電が人員削減かぁ。
自分が就職するころは、クラスでもトップレベルの成績じゃないと入社できない難関優良企業だった。

まさか1割の人員削減の波が東電にも訪れるなんて、当時は全く予想できなかったなぁ。

株主責任とか債権放棄の話題で200円台に突入したら要チェック。
なべさくレベルの個人投資家がショートポジションを持つうちは、相場は下がらないようで。

今日はショートを投げた後もザラ場の動きに翻弄されまくり、また余計なポジションとってしまった。

任天堂買いのグリー売りという、股裂きされそうな危険なポジション。

頭冷やさないとなぁ。
結局、売り玉はガッツリ踏み上げられて損切り。

115万円負け。

この間の勝ち分の大半を溶かす。

まあ、こーゆーもんだろう。

真面目にサラリーマンしながら、なんたらショックが来るのを待つしかないね。
なんだか株価が上がってたので心機一転、売り直してみた。

結果、いきなり35万円も含み損。
下落トレンドに変わりは無いと見ているのだが、明日以降も踏み上げられるのか?

スイングで稼ぐのって難しい。
4歳の息子君は、「中途半端」のことを「とちゅうはんぱ」と言う。

嫁ちゃんが「とちゅうはんぱじゃないよ、中途半端でしょ」と訂正すると、彼は「ママ、とちゅうなんだから、とちゅうはんぱでしょ?ちゅうとなんて言葉いつも言ってる?言ってないでしょ?よく考えてからしゃべりなよ」と言いくるめられたらしい。

なるほど。確かに途中半端の方が正しい気がする。

さて株。
・・・あぁ、やっぱり昨日の上昇はアヤ戻しで下に行った。
最初に決めた通りの売買ができてればなぁ。簡単に振り落とされる所が情けない。

仕方ないのでショートでデイトレして10万円だけ儲け。
地味過ぎる。
株とは関係ないけど、忘れてしまわないように、ハワイ旅行記でもメモっておこうと思う。

まず、1日目。
8月3日。朝から仕事。
8月3日は、一日中外部のコンサル会社の人が来て、一日中相談に乗ってらう大事な会議の日。
しかし、すでにハワイツアーを申し込んでしまっていたので、途中で抜けさせてもらった。
さらに、8月3日の午後、組合の定期大会という1年に1回の大会議の日。
組合の職場責任者の立場のなべさくは必須の出席者だが、これまた欠席。
そして本来の業務も全然終わっていない。

とにかく会社関係の全ての責任を放棄して、午後から早退。
なはは。最低社員だな。

というわけで、成田へ。
1時間半運転してパーキングへ着く。
今回はUSAパーキングを使用。
9日間停めて、確か4200円。安い。しかも手続きに全然時間がかからなかった。
ここは良い会社だな。
USAパーキングの送迎バスで空港へ。
空港到着。
ツアー会社「てるみくらぶ」の集合時間までまだ1時間以上ある。
とりあえず円をドルに両替。
5万円をドルに替える。手数料込みで624ドルになる。1ドルやく80円のレート。円高万歳。
3万円以上両替したら、腕時計ももらえた。これを息子君が非常に気に入った様子で、旅の間中ずっとつけてた。
そして、夕食へ。
和食レストランで最後の日本食を食べておく。
すぐに集合時間が来る。
てるみくらぶにeチケットを貰い、チャイナエアラインのカウンターへ。
格安旅行会社なので、航空会社はチャイナエアライン。
しかし、スッチーは若くてキレイで優しいし、機内食はウマイし、着陸も上手いし、チャイナエアラインでのフライトは快適そのもの。
中国のイメージだけで敬遠してたけど、チャイナエアラインは良かった。
さて、一番危惧していた、4歳の息子が8時間のフライトに耐えられるかどうか。
これも、全然余裕でした。
少し教えてやると彼は1人でヘッドホン挿して、ラジオのチャンネルを日本のPOPに合わせて、勝手に音楽聴いていた。飽きると、次はそのヘッドホンを釣り竿に見立てて、
「チャポーン。あっ、ヘッドホンが釣れましたー」とか言いながら遊んでいた。
そして、その後すやすやと熟睡。
起きた後も、全然文句を言うことなく座っていた。大人みたいだった。

ホノルル空港到着。
空港では無料のクーポンブックを配っていたり、リムジンが出迎えていたりで、リゾートに到着した雰囲気満点。いいねー。
そして「てるみくらぶ」の説明会へ。
小一時間の説明を聞いた後、DFSギャラリアへ。
これははっきり言っていらない。・・・といいつつ、無料というので、レンタルの携帯電話を借りておいた。
次からはこのステップを省略するために、ツアー会社ではなく、個人手配の旅行にしてみるのもいいかも。

さて、DFSからホテルに行くにはどうすれば良いのか?
送迎バスがあるとか言ってたけど、予約制というので、とりあえずトロリーのフリーパスがついていたので、トロリーで行こうと思い、バス停を探す。
が、ワイキキトロリーとThe Busの違いがイマイチわからず、ウロウロしてしまい、うーん、らちがあかないと、結局歩いてホテルに行くことに。
約10分くらい歩くとホテルについた。
しかし、10分歩いたのに、全然汗が出ない。ん・・・もしかしてハワイって涼しい!?
そう、ハワイはカラっとして気持ちいいという言葉の意味をここで初めて知った。
日本では暑いと嫌だけど、ハワイでは暑くても嫌ではないのだ。なんといっても汗が出ない。
本当にカラっとしていて気持ちいいのだ。
みんながハワイに来る理由っていうのはこれなんだなと思う。

さて、格安ホテルの、アンバサダーホテル到着。
チェックインは15時以降。しかし、ホテル到着は12時。まだ3時間もある。
飛行機でも4時間くらいしか寝てない息子君はお疲れだろうから、早く部屋に入れてあげたい。
そのためには英語で交渉しないと。
とりあえず、フロントに行って、適当な英語で今すぐチェックインできないかフロントの可愛いお姉さんに聞いてみることに。
ら、快くOK!
格安ホテルだけど、いい対応!
気持ちよかったので、5ドルのチップを渡そうとしたら、断られる。
フロントの人は受け取らないのが普通なのかなぁ?

部屋は18階建てのホテルの17階。眺めがいい。
アンバサダー

部屋に入ってみると、キッチン(コンロ、レンジ、大きい冷蔵庫、包丁、食器一式、トースターなど)や無料の金庫や、無料のインターネットや、設備が色々揃ってて快適。
ビーチから遠いのと、バスタブやレストランがないという理由で安いみたいだけど、このホテル超快適。
満足度の高いホテル。
使った食器とか、そのまま置いておくと外出中に洗ってくれるし、サービス良い。
あと、コインランドリーは洗濯機が沢山あって、順番待ちは一切ない。

息子君のためと思ってしばし休憩するが、睡眠不足のはずの息子君は超元気。
全然寝る気配なし。
嫁ちゃんだけが睡眠不足でへばっていた。

寝る気配ない息子君を見て、ちょっとバスで外出することに。
スーパーで色々そろえておこうと思い、ドンキホーテへ。
日本のドンキホーテと違って、生鮮食品が豊富。日本の食材も豊富。
とりあえず、米とか、なめたけとか、永谷園のお茶漬け海苔とか、色々買っておいた。

1日目はスーパーだけ行って終了。

2日目。
朝からホテルのすぐ近くのダラーレンタカーへ。
相手は日本語の通じない人だったけど、日本で予約だけしておいたので、手続きもスムーズ。
ただ、借りたはずのブースターシート(子供用の補助シート)が車についてなかったので、その交渉をするのにやや英語力が必要だった。
が、なんとかクリア。
キレイで新しい車、日本語のナビ、フルカバーの保険、ブースターシート、ガソリンタンク1回分などをつけて、6日間で480ドル。約38000円。安い!
さて運転。ホテルは目と鼻の先だけど、一方通行なので逆方向に進んで大回りしないと帰れない。
初体験の左ハンドル右車線、うまく走れるだろうか?
発信のときに左ウインカーをつけようとして、ワイパーが動く。
うへ。いきなり間違った。こ・・・こわすぎる。

が、走ってみると、意外に走れた。
意識しないと、日本の右車線の感覚に慣れてるせいで、車線の右に寄り過ぎると感じたので、車線の左寄りを走るように意識したら、うまくいった。
さて、次はホテルの駐車場を借りる交渉。
これまた英語力が試されるが、早くチェックインさせてくれた優しいお姉さんで、今度も優しくゆっくり喋ってくれたので、難なくクリア。
意外と英語だけでもイケる?
駐車場は平面駐車場で1日15ドル。ワイキキのホテルの中では、かなり安い方で、出し入れのしやすい平面駐車場。レンタカー派には嬉しい、いいホテルだ。

さて、レンタカーも手に入ったので、どこかへ出かけてみたくなる。
借りたナビには、ツアー機能がついているので、それに従ってみることにしよう。
最初の目的地は、ダイヤモンドヘッド。
運転していて、ハワイの交差点は、赤信号でも右折OKだということに気付く。
これは合理的。さすがアメリカ。
さて、ダイヤモンドヘッドの駐車場に到着。
駐車場の係員の人の英語が聞き取れなくて、
「Do you understand?」の問いに「No」と答えたら、少しため息をつかれた。
やっぱり、英語力はまだまだのようである。
ホテルのフロントの人みたいにみんなゆっくり喋ってくれるわけではないようで。
まあ、とにかく無事に車を停めて、ダイヤモンドヘッド登山開始。

4歳の息子を抱っこして登ることになるだろうから、覚悟して望んだ。
が、息子君は「1人で歩く」と言って、なんと頂上まで1人で登りきってしまった。
これには感動。
しかも頂上からの眺めも、感動的にキレイだった。
ダブルで感動して超気持ちいい。
ダイヤモンドヘッド

ここでも、嫁ちゃんだけがへばっていた。
下山も息子君は1人で歩ききった。しっかりしてきたなー。
下山後は、シェイブアイス。要はカキ氷か。パイナップル味が美味しい。

ダイヤモンドヘッドを後にして、ハナウマ湾へ。
駐車場付近から湾を見下ろすと、絶景。
美しいなー。

3日目
朝ごはんにパンケーキの有名店を目指してオアフ島東海岸の町、カイルアへ。
やってきました。ブーツアンドキモズ。
ブーツアンドキモズ
行列ができる店で約30分ほど待ち時間があったが、確かに美味でした。

その後、カーナビのツアーガイド機能に従って、カイルアビーチやマカプウ岬へ。キレイな景色目白押し。
スモウレスラーの曙の故郷の街も通った。
その後、ワイキキに戻り、ワイキキビーチへ。
息子君と波打ち際で遊ぶ。
ワイキキビーチで遊ぶ

ワイキキビーチは世界各地から来ている美女が多くて見てるのが楽しい。
息子を写真に収めつつ、息子の隣を通りかかった美女も一緒に写してみたり。

帰り道にアーミー博物館を見つけて、戦車を眺める。

4日目
早起きして、オプショナルツアーに参加。
今日は野生のイルカと泳ぐツアー。
バスで西海岸へ移動。これまたスモウレスラーの小錦の家の前も通過。
船でイルカポイントに行く。
希望者には10ドルでウェットスーツを貸して貰える。
10ドル?いらないや。太陽の光でも浴びよう。
と、ノーサンキューしたら、なんと参加者数十名のうちなべさく1人だけがウェットスーツなし。
超目立ってしまった。
イルカポイント到着。4歳の息子君はシュノーケリングができないので、船に残して海に入る。
すると、ホントに手が届きそうな距離をイルカの群れが泳いでる。超感動。
ひとしきり癒されて船に戻ると、息子君が超ご立腹。
なんで1人だけ海に入れなかったんだと怒りまくっていました。
すまん。。。そりゃそうだよね。。。

次にシュノーケリングポイントに到着。
ここでは息子君も海に入れてあげた。
すると、さすがシュノーケリングポイント、魚がウヨウヨやってくる。
息子君は「噛まない?ねぇ噛まない?」と熱帯魚にびびりまくっていたが、すぐに慣れて楽しんでいました。

午後からは、この旅の間に必ず行きたいと思っていたスポットへ。
その名も、モアナルアガーデン。
日立の樹がある公園です。
実物見るとさすがの大きさ。
高さ25m、幅40mだそうです。
のどかな良い雰囲気の公園なので、お弁当を広げてのんびり過ごす。
売店でお土産もGET。
日立の樹のTシャツとかエコバックをGET。みんなに配ろう。

5日目
午前中はワイキキビーチで泳ぐ。
ワイキキビーチの端っこ、ヒルトンラグーンの前の海は防波堤があって、お魚もいる。
足がつく深さでお魚がいるので、息子君も楽しめた様子。

午後からは、オアフ島北部のノースショアへ。
ラニアケアビーチで野生の海ガメに出会う。
ラニアケアビーチ

定番のカメハメハ大王の像も見て、ホテルに帰る。

6日目
昨日に引き続き、またまたノースショアへ。
ガイドブックに載ってないので、観光客があまり来ないというハレイワアリイビーチパークへ。
確かに人がいない。
貸切感満点。
ハレイワアリイビーチパーク

ここにも防波堤があって、魚が沢山。
ここでも野生海ガメに遭遇。約2メートル隣を泳ぐ。
が、カメは水中ではかなり素早く、あっという間に視界の外へ。

昼食は、伝説のハンバーガー店、クアアイナ、ノースショア本店へ。
日本にもあるチェーン店ですが、ここノースショア本店はクアアイナ発祥の店。
デカ過ぎてサンド出来ないアボガドバーガーが美味。
クアアイナ

あと、有名なガーリックシュリンプのワゴンにも立ち寄る。

帰り道、ドールプランテーションにも寄り道。パイナップルソフトを食べる。
食べまくりだな。
そのドールプランテーションで、息子君に超ソックリな日本人観光客の少年を見つけて驚愕!!!
こんなにも似てる人が世の中にいるのか。
写真撮らせて貰えば良かったー。
このハワイ旅行で唯一の心残りです。

夜は歴代アメリカ大統領など、世界のVIPも訪れるという、タイレストランへ。
さすが米国。コース料理の量がハンパなく、腹がはちきれそうで、もう途中から闘い以外の何者でもない感じに。
なべさくみたいな庶民にはファーストフードなどが合っているみたい。

さて、お会計をして店を出ると、ウエイターが走って追いかけてきた。
すごい剣幕。
You have to pay me!
・・・ああ、そうか。ここはアメリカ。ついてくれたウエイターにお会計頼まないといけないんだった。
しかし、この人、全力で働いてるな。まあ、別の人に払ってしまっただけで、食い逃げしたわけではなく、ちゃんとチップもそのウエイターについていることが確認できたようで、Sorry sir.と握手して別れる。
やっぱりワゴンとか、ファーストフード店くらいが楽でいい。

7日目。
また息子君とワイキキビーチで泳ぐ。
嫁ちゃんはお土産を買いにショッピングへ。
息子君と男2人でビーチで遊んでいたら、なべさくが陣取っていた場所のすぐ1m横にフランス系の超美女がやってきてドキドキ。
いいとこだわー、ワイキキビーチ。

午後からはパールハーバーへ。
日本人は冷たい目で見られるとのネット情報だったので、びびりながら行ったが、そんなことはなかった。
ここでは敬意を表してSirと呼んでくれるし、気さくに声をかけてくれる。
そして、戦艦ミズーリの巨大さに圧倒される。
この戦艦は、第二次世界大戦の降伏調印式が実施された戦艦。
湾岸戦争時も現役で戦っていた船だが、現在は博物館となっている。
戦艦ミズーリ
降伏調印式

その他、航空博物館では憧れのF14トムキャットも観た。
トムクルーズの映画、トップガンに使われている戦闘機です。

夕方、またワイキキビーチへ。
今度は、フラショーを観に行く。
無料のフラショーを観ているうちに日が沈み、夕焼けも楽しめるというお得スポット。
ワイキキ夕焼け

美しい夕焼けとともに、ハワイ最後の夜を迎える。

8日目
帰国。
7泊9日の旅終了。
英語を使うことに少しだけ抵抗が無くなった旅でした。
とにかく楽しかった。

また来年も来よう。
次はオアフ島からさらに足を伸ばして、マウイ島にも行ってみたい。
今日はアヤ戻しがあっても売り玉は放置すると決めていた。
が、250万円の含み益がたった半日で150万円に減少する様子を昼休みに見てしまい、残った150万円を確定したい衝動を抑え切れずに投げてしまった・・・。

これで売り玉が無くなった。。。
ああ、馬鹿なべさく。

150万円儲けたが、多分これは、小銭を稼いで大利益を逃すパターンだ。

株も仕事もメンタルが弱い。
毎日ダラダラと下がる逃げ場のない下げ方。

出来高も盛り上がらず、底打ち感は無し。

アヤ戻しはあっても、下落トレンドには変わり無しと見る。

よって、売り玉は放置。
日立電線が国内の人員9100人のうち1200人を削減する方針。

今の時代、正社員として職があるというのは恵まれていると言える。

しかし、やはり早期退職を目指したい。
これまでの6年間の実績利回りで今後も運用できると考えると、2016年(なべさく40歳)には第1目標の1億円に到達する計画。
その後、1億円の壁で失速したとして、2027年(51歳)で3億円に到達して早期退職という青写真。

うまくやりたい。
若葉マークをつけた対向車が派手に電柱にぶつかった。

軽自動車だったので自動車は破損。、電柱は無事。
・・・うーん、頑張れ。

さて株。
テロを警戒したのかNYダウが300ドル安。
日経平均先物も安い。

こうなると月曜日はメジャーSQ値を下回り、低迷が予想される。

売り玉は寄りで利確するか放置するか選べるが、出来高盛り上がらないうちは放置かな。

今はサラリーマン業が火を噴きそうなので、そちらを頑張らないと。
この間、八ヶ岳に旅行に行ったとき、サイレンを鳴らして時速約80kmで走行中の救急車を追い越した。

高速道路の走行車線を走っていた救急車を追い越し車線から普通に追い越しただけだけど、なんだか悪いことをしている気分。
救急車って追い越していいのかな?

さて、株。
ほぼショートポジションしか持ってないので、買う銘柄を探しているが、いまいち見つからない。
こんなに安い水準なのに、買いたい株が無いとはどういうことだろう?
まだまだ下がるという勘が働いているのか?

とりあえず、景気敏感株が弱いので、当面景気は悪いのかもしれない。
まだ売り目線継続か。
雑草が抜いても抜いても生えてくるから、ジャリ敷いた。
無駄な労働はしない主義。

さて株。
ロスカットした売り玉がグングン下がってる。

残したやつも少しは下がったから、含み益は少し増えたが気分的にはイマイチ。

9.11を無事に通過したら来週は上がっちゃうのかな?
NYが高く、ギャップアップしたので1銘柄売り増し。

少し含み益が増えた。

まあ順調。

しかしポジション大きくなってしまったので、リスク取りすぎには注意しよう。
適当にショートでデイトレ。
10万円儲け。

午後、家族サービスしながら合間に携帯で注文したら、誤発注。
売り返済のつもりが売り増し。
あらま。

まあサイズ小さいから影響小さいので問題なし。
今の1600万円分の売り玉はセリクラが来るまで持続しようと思う。

割安なのは分かるが、この下向きの流れは簡単には変えられない。
出来高が増えて株主の入れ替えが起こらないと反転しない。

その反転の瞬間に買い余力が十分ある者が最強。

そのためには熱くならない程度の売り玉を持ってその時を待つのが良いと思う。

下手にザラ場を見ると値動きに翻弄されて利確してしまうので、サラリーマン業が忙しい事はスイングトレードにとっては、むしろプラス因子。

明日も仕事を頑張ろう。

ただ、今は電力のピークシフトの影響で平日休みのためにザラ場を見れてしまうので、そこで我慢できるかどうかが勝負。
売りポジションのうち、日経平均が下げても何故か上昇したものを損切り。

売りポジションが半減。
現在、約1600万円の売りポジション。

リスクの取りすぎが解消されて、良い感じのポジションになった。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。