2005年4月から投資スタート。 2013年サラリーマンから主夫に転身後、全く勝てなくなる。2014年10月30日、意識改革し、ルール無視は一切しないプロ相場師としての活動を開始。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
失敗。

「今日は手出し無用な展開だろうな」と思ってたのに、昼休みに堅調な地合を見て、つい手出ししてしまった。

結局、昼休みに高値掴みした後、ロスカット値に達して損切り。

やってはいけない無駄なトレードだった。

・・・まあ、来週頑張ろう。

来週は先物売ってみようと思う。



仕事ではトラブル発生し、明日休日出勤。

一週間後の来週金曜日の晩の、会社の忘年会にすら出席できそうにない状況。

逆風だな。


あと、最近入社した真面目そうな新人さんが、また辞めた。

つまんない職場だからだろうなぁ。

彼もまた幸せに向かって新しい一歩を踏み出したんだな。

ちょっと羨ましいかも。
スポンサーサイト
寄り、GDしたけど、少しだけ戻り売り。

下げるねぇ。
今日は優利加先生の「生涯現役の株式トレード技術」から。

チャート分析有効性の理論的根拠を抜粋。

株価変動の真因は、群集心理の周期的とも言える動揺です。十分な訓練を積んでいない大多数の人は本能的に反応するので、反応パターンは皆同じになるのです。
同じような状況では大多数の人間は同じように反応するので、同じようなパターンが国と時代を超えて起こります。ここにチャート分析有効性の理論的根拠があります。

例えば、人間には本能的に「多数同調性バイアス」があります。付和雷同しやすい性質があるのです。それ故、トレンドが形成されるわけです。
他方で「正常性バイアス」という性質もあります。自分に起こっている異常事態(含み損の急拡大)を認めず、正常視して何も対処しないため、塩漬け株の山を抱え込み身動きできなくなるのです。


うーん。素晴らしい。
この本は良い。
精神論的なことだけでなく、売買技術の細かいところまで書いてあります。
しかも内容が合理的。

この本を理解し、実践できたら勝ち組でしょう。

さて、自分はというと、まだまだそんなレベルには程遠く、馬鹿な売買を繰り返しております。

今日は持ちっ放し。
しかも、信用分は決算発表をまたいで保有。。。
8333常陽銀行と8473SBIホールディングス。
まあ、両方好決算でした。

明日から、DOCOMOのパケ放題が使えるようになります。
来週頭から海外出張なので、今週中にはなんとか手仕舞いしたいところ。
現物のヘッジ売りも少しは入れておきたい。

では。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。